再入獄したiPhoneをGenius Barに持って行ったらとんでも無いことになりました。



※2013/02/14 大幅な加筆・修正をしました

@_tenbiです。皆さん、脱獄してますか?
僕はiPhone 4を購入後、すぐに脱獄をして楽しんでいたのですが、ある時からiPhone 4に異変が発生し、修理に出さなければならない事態に。

今回は、2011年に起こった「脱獄iPhone 4交換成功事件」についてまとめました。



突然の症状

2011年8月某日、それは起こりました。
なんと通話中、こちらの音声が相手に届かなくなってしまったのです。相手の声は聞こえるのに。
相手の声が聞こえている=圏外ではないという事で、この時点でGenius Barへの持ち込みを検討するようになりました。

ただ、持ち込みにはひとつ問題がありました。
それは、過去に脱獄していた経験がある事。
他の方のサイトを見ていると 、良く「脱獄すると、本体にログが残ってAppleに送信される」といった書き込みや、「脱獄は保証対象外」などの書き込みがあり、かなり不安でした。

持ち込みを決意。不安と期待

2011年9月某日、Apple StoreのGenius Barへの持ち込みを決めました。
60.000円も払うかもしれないのに、なぜ修理に出すのか。それにはいくつかの理由がありました。

1.ホームボタンの効きが悪かった

iPhoneのホームボタンが劣化で反応しづらくなるのは有名ですが、ホームボタンの効きが悪くなり結構耐えられなくなってきたので、この際新品に取り替えてもらおうという結論に至りました。

2.通話時の障害が実証された

近所のSoftbankで見てもらったところ、iPhone 4に起こった通話障害はデバイス固有の問題だと確定し、店員も修理を勧めてきた為です。

さて、問題は脱獄が発覚した際の対応。
最後までどうするか迷いましたが、有償の方向で決定。当時の円高の影響で有償修理の本体価格が安くなったというのもありましたが、通話のできないiPhoneなんて、iPhoneじゃありません。

ついに予約。もう引き下がれない

2011年10月8日、Genius Barを予約しました。
コメント欄に記載した症状は以下の通り。

  • ホームボタンがあまり反応しません。一回しか押していないのにマルチタスク画面が開く場合があります。
  • 通話中、こちらの音声が相手に届かない場合がよくあります。相手の声は聞こえるため、圏外ではありません。

一か八か。緊張の一時間

予約した時間3分ほど前に到着し、症状の確認が始まりました。

  1. ホームボタンがあまり反応しません。一回しか押していないのにマルチタスク画面が開く場合があります。
  2. 通話中、こちらの音声が相手に届かない場合がよくあります。相手の声は聞こえるため、圏外ではありません。

1番の症状は未確認だったが、2番目は確認。この時点で保証の有無が決まったようだ。
専用アプリがインストールされたMacBookで個体検証・使用状況が確認される。

店員「今回は保証対象内ということで整備品交換となります。」
この後はとてもスムーズで、整備品のOSアップデート、旧本体の消去を経て終了となりました。


最後に

いかがでしたでしょうか。
「脱獄は保証が切れる行為」というのは脱獄を止めさせる言葉のようで、実際にはログなどは残っていなかったようです。
ただ、あくまで今回は保証対象内だったということでもあります。 最終的には自己責任で夢の世界へどうぞ。
もう、言葉に騙される必要は無いのですから。

脱獄に関するオススメ記事!

脱獄する前に必ずやっておきたいこと!


  • デバイスのバックアップはiTunesで!
  • 「まっさら」にして脱獄!
  • 脱獄後にバックアップを復元

  • [脱獄]iPhoneを脱獄するときに絶対やるべき3つの事 | ガジェットTouch!
    脱獄後にバックアップを復元 …



    不安定な脱獄iPhoneを修復!

    つまり、脱獄アプリの入れすぎは、iPhoneが便利になるとともに、使えなくなってしまうリスクを高める行為という事になります。

    ここまで読んでいただけた方はお分かりかもしれませんが、だいたいの不安定な動作は「Mobile Substrate」のアンインストールで解決します。
    何故かというと、このTweakを消す事で「SBSetting」始め、ほとんどの脱獄アプリが消えてしまう為、脱獄状態でありながら、限りなく通常のiPhoneに近い動作が可能だからです。
    これにより、ほとんどの不具合が消えるというわけです。


    不安定な人は即実践!「脱獄iPhoneクリーンアップ大作戦!!」のすすめ | ガジェットTouch!
    つまり、脱獄アプリの入れすぎは、iPhoneが便利になるとともに、使えなくなってしまうリスクを高める行為という事になります。 ここまで読んでいただけた方はお分かりかもしれませんが、だいたいの不安定な動作は「Mobile Substrate」のアンインストールで解決します。 何故かというと、このTweakを消す事で「SBSetting」始め、ほとんどの脱獄アプリが消えてしまう為、脱獄状態でありながら、限りなく通常のiPhoneに近い動作が可能だからです。 これにより、ほとんどの不具合が消えるというわけです。 …