Wii Uのスペックがリークされる

WiiU

E3 2011にて発表されてから、様々な情報が飛び交っている任天堂の次世代家庭用ゲーム機「Wii U」ですが、海外のサイトにてスペックがリークされました。

今回スペックをリークしたのは、PS3のゲームをWii Uに移植する作業を行っている国内の開発者で、具体的なスペックが以下の通り。

・Quad CoreでPowerPCベースの3GHz 45nm CPU、Xbox 360のチップと非常に良く似ている

・CPU内蔵型の768MB DRAM、CPUとGPUの間で共有が可能

・40nmのATIベースGPU、詳細は不明

さらにこの国内開発者は任天堂は2バージョンのWii Uを試作しており、もう1つの試作機では1GB RAMが搭載されていると伝えています。

噂: 3GHzCPU、768MBRAM…国内開発者がWii Uの具体的なスペックをリーク – Game*Spark

「旧世代ゲーム機のPS3とスペックが同等」などと様々な憶測が飛び交っている「Wii U」ですが、1GB RAMの搭載により、さらに充実したゲームタイトルになる事を期待しましょう。