Apple、UDIDを使用しているアプリをApp Storeからリジェクト

Downloading iOS 5

MacRumorsが、TechCrunchの報告として、UDIDで端末を識別する内部機能が組み込まれているアプリをAppleがApp Storeからリジェクトしているようだと報じています。


Appleは、「iOS 5」のリリースに際し、「UDIDを使用しているアプリは次第にリジェクトしていく」と開発者に通告したそうですが、以前UDIDを使用しているアプリは多く、先週だけでも数人の開発者がアプリをリジェクトされているそうです。

また、AppleがこれほどUDIDを使用しているアプリをリジェクトしている理由は、過去にAppleと数人の開発者が、異なるアプリを横切ってユーザーの現在地をUDIDによって取得していた事に対し訴えられた為で、Fluikの最高責任者Rubba氏は、

“Everyone’s scrambling to get something into place,” said Victor Rubba, chief executive of Fluik, a Canadian developer that makes games like Office Jerk and Plumber Crack. “We’re trying to be proactive and we’ve already moved to an alternative scheme.” Rubba said he isn’t sending any updates until he sees how the situation shakes out in the next few days.

と述べているとのこと。

via Apple Begins Rejecting Apps for Using the Unique Device Identifier (UDID) – MacRumors.com