【PR】BookBookを凌ぐ使いやすさ!「Snap」は公私共に最適なiPhoneケース

Snap9

@_tenbiです。先日よりSPIGEN SGP様とコラボしたレビュー記事を何本か公開しましたが、今回が最終回。嫌儲厨の皆さんおめでとうございます!

…ということで今回は先日発表されたばかりの“レザーとプラが分離出来る”iPhoneケース「Snap for iPhone5」のレビューをしてみます!

今までにない高級パッケージ

Snap01

こちらがパッケージ。今までの2つと違って高級そうなパッケージに包まれています。

Snap03

裏には簡単な説明とケースの取り外し方。

Snap04

ケースを出してみました。

Snap9

蓋を開けるとこんな感じ。手前がiPhoneを入れるスペース、蓋の部分はICカードや金銭(お札)を2枚入れられるポケットがついています。

Snap6

裏面はこんな感じ。カメラ穴があまり大きく開いていないのはデザイン上高評価。

ハードケースが取り出せる!

このケースの売りが「リムーバル型ケース」な点。必要に応じてレザーの部分を取り外しすることが出来ます。

Snap7

こちらが取り外したハードケース。

エアジャケのように超薄型ではありませんが、実用していく中で不自由はない薄さです。

Snap8

ハードケースと分離したレザーケース。iPhoneと干渉する可能性の高いSuicaなどのICカードも、この状態であれば普通に使えます。

Snap10

iPhoneを合体させたSnapに装着してみました。まるで高級手帳のようなかっこ良さです。

Snap11

開くとこんな感じ。黒のケースでも白のiPhoneが似合います!

Snap12

端子部分はこんな感じ。Lightningケーブルやイヤホンはサードパーティ製のものでも普通に挿す事が出来ました!

SNap14

iPhoneが付いているハードケース。カメラは全く干渉しませんでした。

Snap15

このケースだけでもしっかりとしているので安心感が持てました!

最後に

レザーケースも薄型ケースもきちんと一つの製品として作り込まれているので、仕事とプライベートとちゃんと分けて使いわけられそうでした。僕はメディアの発表会などに出向く事が多いのでそういった機会に使っていこうと思います!