ガジェットTouch!

『Anker Nano II 45W』レビュー。500円サイズで45W PD出力対応のポーチに最適な充電器

2021年5月末に発売されたAnkerの新しいUSB PD充電器『Anker Nano II 45W』を購入して使ってみたのでレビューしていきます。

500円サイズとコンパクトながら最大45WのUSB PD出力や、一部の端末が対応しているPPS充電にも対応している充電器で、MacBook Airなどを使っている人にとって最適な一品になっています。

Anker Nano II 45Wレビュー

こちらがAnker Nano II 45Wのパッケージ。Anker製品は割と各商品ともシンプルなパッケージになっている印象がありましたが、今回はかなり日本向けにローカライズされたものになっています。

こちらが本体。Anker Nano IIは「Anker GaN II」という新技術を採用していて、従来の窒化ガリウムをした充電器と比較して同出力でも一回りコンパクトに仕上がっているのが特徴となっています。

サイズは約35×38×41mm、重さ約68gと、大きさ自体はだいたい500円玉と同じ感じです。

搭載しているのはUSB Type-Cポート1つ。最大45WまでのUSB PD・PPS出力に対応しているので、16インチMacBook Proなど高出力が必要なデバイス以外は快適に充電出来そうです。

この手の小型充電器はコンパクトさを追求するためプラグが折りたたみ式でないことが結構あるのですが、Anker Nano II 45Wはきっちり折りたたみ式プラグを搭載しています。

プラグって大した大きさではないんですけど、ポーチに入れると意外とスペースを取ってしまうので折り畳み式なのはもうマストという感じですね。

他のAnker製充電器と比較

手持ちのAnker製充電器の中でコンパクトさを売りにしていたものたちを並べてみました。左から20W出力の『Anker PowerPort III Nano 20W』、『Anker Nano II 45W』、30W出力の『Anker PowerPort Atom PD 1』です。

こう見ると20W充電器から一回りくらいしか大きさが変わらず、30W充電器よりも気持ち小さく仕上がっている『Anker Nano II 45W』の小ささに驚きます。

しかも20W・30Wの充電器はプラグが折り畳めないので、実質的な面積だけで考えると出力が一番大きい『Anker Nano II 45W』が最もコンパクトになっています。

30Wながら薄型に仕上がっている『Anker PowerPort Atom III Slim』とも比較してみました。

厚み自体はさすがに30Wの方が薄いですが、単純な大きさは30Wの半分になっています。これなら多少厚くなっても『Anker Nano II』を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

出力も問題なし

Pixel 5やiPad Proなどに接続してみましたが出力も問題なし。接続する端末のバッテリー残量によって出力は自動で調整されますが、しっかり45Wの出力が出来ていました。

まとめ

こんな感じで、今回はAnkerから発売されている45WのUSB PD充電器『Anker Nano II 45W』を紹介しました。

最近はUSB Type-Cを複数ポート搭載した充電器が多くなっていますが、持ち運ぶことや1ポートしか使わない状況のことを考えると、やはりコンパクトなUSB充電器は1つ持っておきたいところ。今回紹介した充電器は45Wクラスの中ではほぼ最小クラスなので、省スペースに端末を充電したい人に最適な製品です。