ちょっと大きいけど使い勝手は抜群なAnkerのUSB-C 2ポート充電器をレビュー

サイズは大きいけど便利さも大きい。

先日Ankerから発売された、USB Type-Cポートを2つ搭載し合計60W出力に対応した充電器『Anker PowerPort Atom PD 2』を購入したのでレビューしていきます。


今回レビューする『Anker PowerPort Atom PD 2』は今年6月に発売がアナウンスされていたUSB充電器で、大きな特徴として合計で60WのUSB PD出力に対応したUSB Type-Cポートが2つ搭載されています。

また直近のAnker製充電器の特徴でもあるGaN(窒化ガリウム)を素材に採用し、高スペックでありながら充電器本体の大きさは『13インチ MacBook Pro』に付属する60W充電器より少し小さい仕上がり。使い勝手とサイズ感がうまい具合に両立された充電器です。

基本スペックは以下の通りです。

Anker PowerPort Atom PD 2
入力 AC 100V-240V 50/60Hz 1.6A
出力 5V/3A, 9V/3A
15V/3A, 20V/3A(2ポート最大60W)
サイズ 68 x 69 x 28 mm
重量 178g

端子部分はUSB PDに対応したUSB Type-C端子が2つとLEDインジケーターが搭載されています。

話題のRAVPower製61W PD充電器と比較

先日発売され大きな話題となったRAVPowerの61W USB PD対応充電器とサイズを比較してみました。RAVPowerの充電器はUSBポートが1つの分サイズはコンパクト。

両者を重ねてみると、今回紹介しているAnkerの充電器の方が2回りくらい大きいことがわかります。ただし両者のスペックは異なるので、USB端子が2つ搭載されていることを考えるとAnkerの充電器は相応にコンパクトだと言えそう。

13インチMacBook Pro付属充電器と比較

僕は13インチのMacBook Proを使用しているので、購入時に付属してきたApple純正の60W充電器ともサイズを比較してみました。ほんの少しですがAnkerの充電器の方が小さい印象。公称では約15%Ankerの方が小型とされています。

側面はこのような感じ。厚みは両者ほとんど変わりませんでした。

実際に使ってみる

さて、実際に充電器を使っていきます。この充電器は少し特殊な仕様で

  • USB PD対応機器を1台接続: 最大60W出力
  • USB PD対応機器を2台接続: ぞれぞれ最大30W、合計60W主力

となっています。まずは13インチのMacBook Proを単体で接続してみました。

なお、USB PDによる高出力充電にはUSB PDに対応したUSBケーブルが必要です。簡単な選び方ガイドも用意しているのでまずは対応したケーブルがあるかを確認することをおすすめします。

プリインストールされているアプリ『システム情報』から充電器の出力数を確認したところ、最大値の60Wで出力されていました。

続いて13インチMacBook Proのほかに、最大30WのUSB PDに対応している『iPad Pro 11インチ』を接続してみました。

同じくMacのシステム情報から充電器の出力数を確認したところ、USB PD対応機器を2つ接続したときの最大値30Wで出力されていました。

複数デバイスを同時に高速充電できる魅力的な充電器

こんな感じで、今回はAnkerから発売されたUSB Type-Cを2ポート搭載した充電器『Anker PowerPort Atom PD 2』を紹介しました。

先日紹介したRAVPowerの61W充電器とはサイズ・重量ともに大きくなってしまいますが、そもそも充電できるデバイス数が違う(RAVPowerは1つ)ので単純に大きさ・重さで比較するのはナンセンスでしょう。

具体的な利用シーンで考えると、Ankerの充電器はUSB Type-C採用機器を複数持ち歩いており、充電器のコンパクトさよりも2台同時に充電できるという実用性を重視する人におすすめ。一方RAVPowerの充電器はコンパクトで持ち運びやすいので、日頃から外で作業することの多いブロガーや会社員におすすめです。

今回紹介した『Anker PowerPort Atom PD 2』は、Amazonで4,599円で発売中。1台充電時は60W・2台充電時は30Wとフレキシブルに使えるので、充電器に実用性を重視する人におすすめです。


充電器・充電ケーブルの紹介記事が増えてきたので、専用ページでまとめてみました。よかったらこちらもぜひどうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人