ガジェットTouch!

90WのUSB PBに対応したRAVPowerのUSB-C 2ポート搭載充電器『RP-PC128』レビュー【PR】

USB PowerDeliveryによる急速充電に対応したデバイスが増えている中、必要とされる出力数もどんどん増加しています。特に昨年発売された16インチMacBook Proは96Wの出力が求められるので、充電器選びに苦戦している人も多いはず。

今回紹介するRAVPowerの『RP-PC128』は、最大90WのUSB PDに対応しながらUSB Type-Cポートを2つ搭載しPCとタブレットなどを同時に充電できるUSB充電器です。

今回レビュー用にサンプルをご提供いただいたので、外観や使ってみた様子を紹介します。記事の後半には、読者の方に向けたお得なクーポンコードも記載しているのでお見逃しなく。

RAVPower『RP-PC128』レビュー

こちらが今回ご提供いただいた『RP-PC128』。最大90WのUSB PDに対応したUSB Type-Cポートが2つ搭載されています。付属品は本体のほかに1.5mのUSB Type-Cケーブル。もちろん90Wでの充電に対応しています。

そのほかのスペックは以下の通り。

入力 AC100~240V 50/60Hz 2.5A
USB Type-C出力 5V=3A, 9V=3A, 12V=3A, 15V=3A, 20V=4.5A
1ポート最大90W
同時使用の場合最大60W
サイズ 約65 x 65 x 32 mm
重量 約195g

1ポートのみ使用する場合の出力は最大90Wですが、2ポート同時に使用してデバイスの充電を行う場合、1ポートあたりの出力は最大60Wに制限されるので注意が必要です。

USB PDに対応したUSB Type-Cポートを2つ搭載した充電器として先行している『Anker PowerPort Atom PD 2』と比較してみました。

重さこそ『RP-PC128』が約195gと重いですが(Ankerは約178g)、大きさは『RP-PC128』の方が小さく、厚みもこちらの方が薄くなっています。

なにより『Anker PowerPort Atom PD 2』の出力は最大60W。『RP-PC128』の方がほぼ同じ大きさで高出力になっているため、RAVPowerの方が便利さで言えば上かなと思います。

実際に充電してみる

外観や機能をざっと紹介したところで、実際にデバイスを充電した様子をまとめていきます。まずは13インチのMacBook Proを単体で充電したところ。

1デバイスのみの充電なので、最大値の90Wで充電されています。16インチのMacBook Proには94WのUSB Type-C充電器が付属していますが、それとほぼ変わらない速さで充電可能。もちろん今回のように13インチMacBook Proなどに使った場合は、純正充電器よりも速く充電できますよ。

続いて、13インチMacBook Proを充電した状態でさらに11インチiPad Proを充電してみました。

この場合は『RP-PC128』内で電力調整が行われ、MacBook Proは60Wで充電されました。これでもApple純正充電器と同等の速度で充電可能なので、複数のUSB PD対応デバイスを充電する時はかなり便利でしょう。

まとめ

こんな感じで、今回はRAVPowerから発売されている最大90WのUSB PDに対応したUSB充電器『RP-PC128』を紹介しました。

16インチMacBook Proを使っている人にはもちろんおすすめですが、僕のように「最大60Wと最大30Wのデバイスを同時に充電したい」というニーズにも応えられる充電器です。

お得なクーポンコード

今回レビューにあたって、RAVPowerさまより『RP-PC128』ホワイトが500円オフで購入できるクーポンをいただきました。

コード: PC128GDT

使用できる期間は本日5/14〜5/16の3日間、先着60台限定となっているので、気になる人はお早めに!