ガジェットTouch!

65WのUSB PDに対応したRAVPowerの2ポート搭載充電器『RP-PC133』レビュー【PR】

USB PowerDeliveryに対応した充電器・モバイルバッテリーの市場は成熟した感がありますが、まだ「小型で高出力対応」「そこそこの出力でUSB-CとUSB-A搭載」といった製品は少ないのが現状。

そんな中先日RAVPowerから発売となった『RP-PC133』は、最大65WのUSB PDに対応しつつUSB Type-Aポートからスマホなどを充電できる充電器。

今回RAVPowerからレビュー用にサンプルをいただいたので、外観や使ってみた様子を紹介します。記事の後半には、読者の方に向けたお得なクーポンコードも記載しているのでお見逃しなく。

RAVPower『RP-PC133』レビュー

こちらが今回ご提供いただいた『RP-PC133』。最大65WのUSB PDに対応したUSB Type-Cポートと、最大18Wの出力に対応したUSB Type-Aポートが搭載されています。

そのほかのスペックは以下の通り。

入力 AC100~240V 50/60Hz 1.5A
USB Type-C出力 5V,9V,12V,15V/3A,20V/3.25A
最大65W
USB Type-A出力 5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
最大18W
サイズ 約55 x 55 x 31.5mm
重量 約120g

今回提供いただいたのはブラックモデルですが、このほかホワイトモデルも販売されています。

上から最大18W出力のQC 3.0対応USB Type-Aポート、最大65W出力のUSB PD対応USB Type-Cポート。1台のみを充電する時と2台を同時に充電する時とでは、以下のようにUSBの最大出力ワット数が変わるので注意が必要です。

1台の場合 USB Type-A: 最大18W
USB Type-C: 最大65W
2台の場合 USB Type-A: 最大5W
USB Type-C: 最大60W

以前に購入していた同社製の61W充電器『RP-PC112』と比較してみました(『RP-PC133』が左)。

大きさ自体は両者ともそこまで変わらないため、ライフスタイル(2台充電する機会が多い、など)に合わせて選ぶのが間違いないかなと思います。

実際に充電してみる

外観や機能をざっと紹介したところで、実際にデバイスを充電していきます。まずは13インチのMacBook Proを単体で充電したところ。

1デバイスのみの充電なので、最大値の65Wで充電されています。13インチMacBook Proに付属する充電器よりも出力は大きいので、理論上は純正充電器よりも少し速い速度で充電できます。

次に13インチMacBook Proを接続した状態で、USB Type-AポートからAirPods Proを充電してみました。

2台同時に充電しているので、USB Type-Cからの出力は60Wになっています。先ほどよりも出力は小さいですが、Apple純正充電器と同等の速度で充電可能です。

まとめ

USB Type-C端子を使う製品がここ最近は多くなってきましたが、まだType-A端子が主流なのは事実。

こういった充電器があるとパソコンとスマホを同時充電したり、自分と友人で1ポートずつシェアして使うことも可能なので、外出時に持っておくと便利なUSB充電器だなと感じました。

お得なクーポンコード

今回レビューにあたって、RAVPowerさまより『RP-PC133』ブラック・ホワイトの各色が1,000円オフで購入できるクーポンをいただきました。

コード: PC133GAD

使用できる期間は本日5/20〜5/22の3日間、各色先着100台限定となっているので、気になる人はお早めに!