ガジェットTouch!

iPhone 13の新色「スターライト」はどんな色?旧機種のホワイト・Proのシルバーと比較

本日発売されたiPhone 13シリーズのうち

  • iPhone 13 mini(スターライト)
  • iPhone 13 Pro(シルバー)

の2機種を購入したので、同じホワイト系の色でもスターライトとシルバーでどの程度色味が違うのか、またiPhone 12 miniやiPhone SE(第2世代)などで用意されていた「ホワイト」とどう違うのかをまとめていきます。

「スターライト」と「シルバー」の色味を比較

まずは本日発売されたiPhone 13シリーズから「シルバー」と「スターライト」の色味を比較してきましょう。左がシルバー、右がスターライトです。

こう見ると、左側のシルバーの方が冷たい白色、左側のスターライトの方が暖かい白色という印象があります。

これには少なからずフレームの違いも関係しているでしょう。

ステンレススチールを使ったiPhone 13 Proシリーズは光沢のあるフレーム、アルミニウムを使ったiPhone 13・13 miniは非光沢フレームになっていて、特にiPhone 13 miniのフレームは少しゴールドが混ざったような色味になっています。

どちらが好みかは人によると思いますが、個人的には今年の白系2色の中ではスターライトの方が温かみが感じられて好みですね。

過去モデルの「ホワイト」とも比較

iPhone 13シリーズ間で比較したところで、今度は過去モデルの「ホワイト」との比較を見ていきます。

左がiPhone 12 miniのホワイト、右がiPhone 13 miniのスターライトなのですが、左右に並べるとiPhone 12 miniのホワイトはかなりピンクっぽい色味をしています。

もう少し分かりやすい写真はこんな感じ。iPhone 12 miniはピンクゴールド、iPhone 13 miniはゴールドっぽい色のホワイトです。

フレームの色味も背面パネルと同様で、それぞれのモデルでピンクっぽかったり金色ぽかったりしていますね。

iPhone 12 mini・13 miniにさらにiPhone SE(第2世代)のホワイトを並べてみたところ。3台を並べるとiPhone SEのホワイトがいかに「ホワイト」らしい色だったかが分かりますね。

一番右にiPhone 13 Proのシルバーを置いてみました。白っぽさの度合いでいうと

  1. iPhone SE(第2世代)のホワイト
  2. iPhone 13 Proのシルバー
  3. iPhone 13 miniのスターライト
  4. iPhone 12 miniのホワイト

という感じでしょうか。ちゃんと並べるとiPhone 12 miniが全然ホワイトじゃないですよね…。

せっかくなのでカメラ部分を中心にして並べてみました。iPhone 38 Pro mini SEです(?)


こんな感じで、今回はiPhone 13シリーズで登場した「スターライト」が過去のホワイト系カラーと比べてどれくらい違う色なのかを旧世代のiPhoneらと比べてみました。

今年のiPhoneは、カラーラインナップでこれまでのブラック・ホワイトという名称が使われなくなっていたので「色々な事情で名前に使えなくなっただけで実際の色味はこれまで通りだろう」と思っていたのですが、実際に過去機種らと比べてみると微妙に色味が違っていて面白いですね。

人によっては真っ白じゃないと嫌だ!という考えを持っていたりすると思うので、この色比較が参考になればと思います。