日本製は超精密&美しい!「エアージャケットセット for iPhone5」がケース初心者におすすめな3つの理由!!

IMG 3216

僕がiPhoneを購入してから1年半、もう数え切れないケースを購入してきたが、やっぱりシンプルなiPhoneにはシンプルなケースが一番似合うもの。

僕が超おすすめするiPhone 5ケースはパワーサポートという日本の会社が作っている「エアージャケットセット」というケース。今回はなぜこのケースが初心者におすすめ出来るのかをご紹介する。

「エアージャケットセット for iPhone 5」のここが良い!

日本製品だから精密!

多くのiPhoneケースが海外(主に中国)で生産されている中、パワーサポートの製品は全て日本で生産されたもの。なのでとても精度が良い。

IMG 3228

上はiPhone 5にエアージャケットセットを装着してボリュームボタン側を見た画像。全くずれがなく、しっかりとした位置に穴が開いている。

10011621 50694489a4147

これはフォーカルポイントコンピュータから販売されている「TUNEWEAR eggshell for iPhone5」というケースの画像。ボリュームボタンの部分が全て切り抜かれている。これでは「傷つきやすい」と言われているiPhone 5の側面をしっかり守る事ができない。

エアージャケットセットがこんなにも精密に作られている理由、それは実機が出てから開発を開始するから。
たいていのケースは俗にいう「リーク画像」をもとに開発するため、iPhone 5発売と同時にケースを販売することができる。発売日にケースが買えるのはこのおかげなのだ。

それに対し、パワーサポート社のケース・保護フィルムは全て実機が出てから、寸法などを測定して開発する。なので、iPhone・iPadの発売から約1ヶ月〜2ヶ月経って販売が開始される。そのかわり、完璧な精度とフィット感を得られるのだ。

IMG 3229

非常に難しいiPhone 5のスピーカー・マイク部。多くのメーカーがここを切り抜いて販売する中、穴一つ一つに完璧にフィットするケースを作れるのはパワーサポートだけだと思う。

付属品の多さが半端じゃない!

このエアージャケットセット、「セット」と名がついているだけあってもちろん付属品もある。ただ、この付属品が半端じゃない。

IMG 1945

これがその付属品。「光沢タイプの保護フィルム」「非光沢タイプの保護フィルム」「スクリーンクリーナー」「フラッシュガードパーツ」の4つ。
このうちの保護フィルム2種類はなんと単体でも販売されているのだ。それがケースを購入するだけで付属してくる。とてもありがたい。

IMG 1946

保護フィルム2種、非光沢タイプと光沢タイプを比べてみる。左が非光沢タイプ、右が光沢タイプ。iPhoneのRetinaディスプレイを堪能したい人は光沢、使いやすさ重視なら非光沢を使えばよいだろう。

IMG 1948

もちろん、保護フィルムも安心の日本製。センサーひとつに対して穴もひとつ。全く余念がない。
しかもこの保護フィルム、凄く貼りやすい。

スクリーンショット 2012 11 19 17 28 10
(Photo by パワーサポート

この保護フィルム、なんと上記画像のように絆創膏タイプになっていて、ホコリを寄せ付けずに完璧にフィルムを貼ることが出来るのだ。保護フィルムはあまり綺麗に貼れない僕にすら、完璧に貼ることができた。

このフィルムだけでも買う価値はあるだろう。

リーズナブルな価格!

「側面・背面をシンプルに、精密に保護できる極薄ケース」と「完璧に貼れる保護フィルム2種」がついたこのケース、なんと3000円以下で販売されている。

パワーサポートのページでも2,680円、Amazonであれば2,400円で購入する事ができる(記事公開時)。

このクオリティであれば、むしろ3,000円でも安いと言えるのでは無いだろうか。

まとめ

もう1週間ほどこのケースに「GLAS.t」という強化ガラスを装着しているが、本当にケースが気にならずに過ごせている。

「初めてのiPhoneケースに迷っている」「シンプルで快適なケースが欲しい」といった方には一番に検討してもらいたいケースだ。