今度はライブ!僕の好きなMJパフォを紹介します! #5Michael

Michael Jackson

@_tenbiです。前回の記事に引き続き、今度は「ライブパフォーマンス」に限って僕が大好きなパフォーマンスを紹介します。どれも超かっこいい!

1.Dangerous(1995 MTV Video Music Award)

まず1つ目は1995年に行われた「MTV Video Music Award」にてのパフォーマンス。この年は「Dangerous」のパフォーマンスが非常に多かったのですが、その中でも一番キレとバランスがとれているもの。「尋常性白斑」という病気を隠すためにつけていたファンデーションがパンツについてしまったりと、中々レアな公演でもあります。

2.Stranger In Moscow(1997 HIStory World Tour at Gothenburg)

2つ目は昨日の記事でも登場した「Stranger In Moscow」の映像。このヘルシンキで行われた公演は、前奏・間奏のロボットダンスが他の公演と比べて群を抜いてヌルヌル!流石に生では歌っていませんが、アラフォーの人とは思えない踊りっぷりです。

3.The Way You Make Me Feel(1988 Bad World Tour at Wembley)

3つ目は「Bad 25th」にも収録されている「The Way You Make Me Feel」のパフォーマンス。音の厚みに加え、Bad Tourでしか観られない振り付け、観客との合唱などがお気に入り。Bad Tourでは、ブート盤をあわせてもプロショットはこの公演のみなのもポイント。

4.Billie Jean(1997 HIStory World Tour at Munich)

同ワールド・ツアーの中で一番有名な(WOWOWなんかでも放送されていました!)ミュンヘン公演から。おなじみムーンウォークや、横にスライドするムーンウォーク、後半スポットライトのみになってからの激しいダンスとボイパに注目です!

5.Human Nature(1988 Bad World Tour at Wembley)

今回のラストを飾るのは「Human Nature」。この曲は「Dangerous World Tour」でも演奏されていますが、ラストのパントマイム+ロボットダンスの綺麗さはダントツでこっち。「Dangerous World Tour」のDVDではパントマイム部分も観客の映像で見切れてますし…。生なのに超上手い歌も大好き。

まとめ

28日に「マイケルジャクソン BADの全て」という、アメリカで放送されたBad 25周年記念番組「BAD 25」の編集版がNHKで放送されることになりました(24:25~26:04)。
131分のアメリカ版に比べ、63分とちょっと短めですが、その分特典映像もあるみたいです。早速予約しておきました。

マイケルジャクソンをより知りたいかたは見ておいて損はありません!ぜひチェックしてみて下さい。ではまた。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いた人