【フォトレビュー】iPhone 7 Plus (PRODUCT) RED – 最高にクールだ

I7Pred 00000

– これは最高にクールなiPhoneだ –

てんび〜(@_tenbi)です。
先日発表されたiPhone 7 Plusの(PRODUCT) REDモデルですが、幸運にもソフトバンクオンラインショップにて初回ロットを確保。本日届いたので、早速フォトレビューをお送りします。

スポンサーリンク

他の色と変えがたい特別な外観

I7Pred 00002

まず目を引くのは外箱に印刷されている実寸大のiPhone。昨年に発売されているジェットブラックモデルのように全体にカラーリングが施されているわけではありませんが、赤と白というカラーリングが大きく目を引きます。

I7Pred 00003

外箱側面に刻印されているAppleマークと「iPhone」の文字は共にモデルカラーに合わせて赤色に。

I7Pred 00004

箱を開封すると最初に出てくるドキュメントには通常のものに加えて(PRODUCT) REDを示すカードが封入されています。

I7Pred 00008

こちらがiPhone 7 Plusの(PRODUCT) REDモデル。一言で言うと「美しい」
発表時の画像を見た当時は「ちょっと派手かもしれない」という印象を持ったのですが、実物を見るとアルミ加工にうまく赤のカラーリングが溶け込んでいて、非常に綺麗な質感になっています。

またアンテナバンドの色もブラック・ジェットブラックと同様に背面のカラーリングに合わせたものになっていて、ブラック系2モデルほどではないですが一体感があります。

I7Pred 00010

前面は白。「黒の方がいい」と言った前評判も多くありましたが、こちらも実物を見る限り白との相性がいいと感じました。前面が白の3モデルとは違い、ホームボタンリングは本体カラーにあっておらず、シルバーを採用しています。

I7Pred 00012

側面のミュートスイッチにもAppleならではのこだわりが。歴代iPhoneではミュートスイッチをオンにした際、オレンジのマークが露出していたのですが、今回のレッドモデルでは使用するカラーを統一するためにマークが白で表されています。

I7Pred 00013

手持ちのiPhone 7 Plus(ジェットブラック)と並べて撮影してみたところ。レッドモデル同様に発売時にプレミアムな扱いを受けていたジェットブラックとの並びは非常に美しく、これだけで白米がお茶碗3杯食べれそうです。

I7Pred w3c

上記モデルにiPhone 6 Plus(ゴールド)を加えたもの。ゴールド・ジェットブラック・レッドというプレミアムモデルともいえる3カラーが並ぶ姿は非常に荘厳です。

I7Pred 00017

あらためて背面を撮影。背面のAppleマークも全6カラーの中で2モデルしか存在しない鏡面仕上げ。真っ赤なボディに光るAppleマークとデュアルカメラモジュールがアクセントになっています。

まとめ: 所有欲を満たす最高のiPhone

I7Pred 00016

サプライズ発表という衝撃の形で発売された(PRODUCT) REDモデルのiPhone 7 Plus。
実際に手に取ると分かるのですが、想像していたイメージよりも落ち着いた質感に仕上がっており、ジェットブラックを発売時より所持している僕にすら「レッドモデルの方がいいかも」と思わせるレベル。

ジェットブラックモデルと同様、128GB・256GBの2モデル展開と購入の敷居が高い(PRODUCT RED)モデルですが、その敷居を超えてくる充足感が大きな魅力。iPhoneのシーズンである秋を逃してしまった方にはこのレッドモデルは非常に魅力的な選択肢になるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人