ガジェットTouch!

iPhone SE(2020)の背面をミニマルに守る。『MYNUS for iPhone SE』をレビュー

先日『iPhone SE(2020)』を入手したのですが、今まで使ったことのないケースを使ってみようと色々探していたところ、背面のロゴや文字列、各種ボタン類を隠すことができる『MYNUS for iPhone SE』が気になったので購入してみました。

iPhoneの外観がミニマムになるiPhoneケース

今回購入した『MYNUS』は、iPhoneのスリムさを保ちながらも、ケース装着時の壮観を限りなくミニマムに近付けることが出来るiPhoneケース。

最近のiPhone(11シリーズ以降)は背面にはAppleロゴがあるのみとシンプルなデザインとなっていますが、MYNUSを装着することでロゴマークすら隠すことが可能です。

ケース本体はこのような感じ。今回は本体カラーと合わせてホワイトを購入しましたが、このほかブラックもラインアップされています。

ホワイトの場合、ケース表面はUVカットコーティングが施されていて指紋や汚れがつきにくいのが特徴。実際にしばらく使っていますが、スベスベしていて指触りもよくかなり良い感じ。

ブラックはマット調コーティングが施されていますが、こちらは特性上指紋などが目立ちやすいかもしれません。

早速iPhone SE(2020)にMYNUSを装着してみました。ケース本体は非常に薄く、装着した状態でiPhoneを持ってもケースの厚さ・重さを感じることはなくて快適。

カメラ部分。iPhoneのカメラモジュールの厚みに合わせてケースが作られているので、装着すると段差がなくなりツライチに。カメラ部分を底にしてiPhoneを置いてもレンズが傷ついてしまう等の心配はありません。

底面はこんな感じ。ケースの取り外しを容易にするため切り抜きがありますが、不意にケースが外れてしまうような恐れはありません。

Lightningポートは少し狭いように感じますが、非純正のケーブルでも問題なく接続可能。スピーカー・マイクグリルも1つ1つ丁寧にくり抜かれていて、穴の位置がズレているようなことはないです。

電源・ボリュームボタンはこのように隠されていて、ケースにある突起で位置を確認して押す仕組み。ケースにボタンパーツが付いている訳ではないため初めは違和感を覚えましたが、使っていくうちに気にならなくなりました。

まとめ

こんな感じで、今回はiPhone SEをミニマムに守る保護ケース『MYNUS for iPhone SE』を紹介しました。

本体とほぼ同時に購入して以来しばらく使っていますが、外観が一気にミニマムになるので見た目的にも満足。iPhone SEは本体サイズがコンパクトなのもあって、このケースと組み合わせるとどこか大福のような雰囲気も出るので個人的に気に入ってしまいました。

価格は4,290円とスマートフォンケースの中では比較的高価な部類に入りますが、iPhone SEの見た目をミニマム・シンプルにしつつ本体を保護したい人にオススメのケースです。