ガジェットTouch!

iPhone SEのカラーリングを活かして保護できる、Spigenの『ウルトラ・ハイブリッド2』レビュー

先日購入して以来サブのスマホとして使うことの多いiPhone SE。

ケースはクオリティが高くシンプルな『MYNUS』を使っているのですが、本体の背面カラーを活かしたケースも持っておきたいなと思い、毎年iPhoneの発売時に合わせて購入することが多いSpigenの『ウルトラ・ハイブリッド2』を購入してみました。

Spigen『ウルトラ・ハイブリッド2』レビュー

今回紹介する『ウルトラ・ハイブリッド2』は、TPU素材の外枠フレームとポリカーボネイト素材の背面パネルを組み合わせたケース。

ラインナップに並んでいる「クリスタル・クリア」はiPhoneの本体カラーを活かしつつ保護ができることで人気も高く、このブログでもiPhone 11向けのモデルをレビューで紹介しています。

ケース本体の表裏にはポリカーボネートを保護するフィルムが貼り付けられています。これを剥がさないとケースの透明さが活かせないので使用前にしっかり剥がしておきましょう。

ホワイトのiPhone SEに装着してみました。iPhone SEのホワイトモデルは背面カラーがシルバー寄りからはっきりとしたホワイトに変わったため、透明なケースを装着したときのミニマルさが際立つ印象があります。

上の写真では少し分かりにくいですが、ケースの4隅には米軍軍事規格を取得した「エアクッションテクノロジー」に基づくクッションが装備。これによりiPhone落下時の衝撃をうまく吸収できるようになっています。

前面はこんな感じ。ディスプレイ側にケースがせり出しているため、画面を下に置いた場合でも傷が付きにくいようになっています。

本体下部。Lightningポートやマイク・スピーカーグリルがしっかりくり抜かれていて、使っていて支障はありません。

左右側面。ボタン類もケースで覆われていますが、ケースを装着した状態でもボタンが押しやすいような設計がなされています。

保護性能とシンプルさを両立していておすすめ

こんな感じで、今回はSpigenから発売されているiPhone SE向けの保護ケース『ウルトラ・ハイブリッド2』を紹介しました。

純粋なクリアケースであれば様々なメーカーから似たような製品が発売されていますが、保護性能の高さとシンプルさを両立したケースはあまり多くなく、「しっかり・シンプルにiPhoneを守りたい」という人におすすめです。