ガジェットTouch!

iPhone 13 mini用『シンフィット』レビュー。TPUとプラスチックのハイブリッド構造になった定番ケース【PR】

iPhoneを中心としてスマートフォン用アクセサリーを多数販売するSpigenから、iPhone 13 mini向けの保護ケース『シンフィット』をご提供いただいたので紹介していきます。

※この製品はレビュー用にご提供いただきました。

こちらがパッケージ。今回はiPhone 13 miniのスターライトに合いそうなカラーとして「ミント」を提供いただきました。

このほかサンドベージュ・ネイビーブルー・ピンクサンド・ブラック・レッドと、iPhone 13シリーズに最適なカラーが展開されています。

これまで『シンフィット』といえばポリカーボネート素材を使った薄くて軽いケースというイメージが強いものでしたが、iPhone 12シリーズ向けケースから構造が大きくリニューアルされています。

こんな感じで側面にTPU、背面に耐久性が高いポリカーボネート素材が使われるようになって、やや同社の『ウルトラ・ハイブリッド』に近いような構造となっているのが特徴です。

背面にはステッカーが貼り付けられています、ケース自体はMagSafe非対応。材質・厚みが変わったことでケース越しにMagSafeアクセサリを使うことは出来ない点は注意が必要です。

実際にiPhone 13 miniに装着するとこんな感じ。側面にTPU素材が採用されたため、これまでのシンフィットよりも手に持ったグリップ感は高くなったように感じます。

側面のTPU素材がiPhoneのディスプレイ側までせり出た設計になっているので、ディスプレイ側を下にしてiPhoneを置いても画面が傷つきにくくなっています。

Lightning端子部分は大きくくり抜かれていて純正以外のケーブルでも問題なく使えそう。スピーカー・マイクグリルも実用問題ないレベルに開いていますね。

音量ボタン・サイドボタン部分は押しやすいデザイン。マナーモードスイッチは少し奥に入る感じがあるので人によっては押しにくさを感じるかもしれません。

iPhone 13シリーズから大きくせり出すようになったカメラモジュール周辺もしっかり保護されていて安心ですね。

MagSafeにこだわらないならシンプルにiPhoneを守れる一品

こんな感じで、今回はSpigenから発売されている薄型ケース『シンフィット』を紹介しました。

iPhone 12向けモデルからリニューアルされたシンフィットは、側面に衝撃吸収用のTPU、背面は硬質なポリカーボネートと『ウルトラ・ハイブリッド』に近い構造になっていて、ウルトラ・ハイブリッドの半透明デザインはあまり好きではないが、しっかり保護はしたいという人には最適なケース。

便利なMagSafeが使えなくなるデメリットが許容できるのであれば、デザインのシンプルさ・カラーバリエーションも含めておすすめできるケースだと感じました。

価格も2,600円とiPhoneケースとしては一般的な相場感なので、取り急ぎiPhoneケースを探しているといった人はぜひ検討してみてください。