江東花火大会で優勝してきた 首都高下の穴場スポットが人少なめで最高

DSC 5817

梅雨明け宣言がされた途端に梅雨みたいな天気が続いている今日この頃ですが、彼女に「花火見に行こうよ」と誘われたので「こりゃいいタイミングだ」と親父のカメラを勝手に借りて花火撮影に繰り出してきました。

花火撮影ハマりそう

今回花火を見に繰り出したのは荒川を擁する南砂町付近で毎年開催されている「江東花火大会」。

打ち上げられる花火の数は4000発と、東京で開催されるデカい花火大会と比較するとやや見劣りする感。
それでも河川敷から150mという至近距離で花火が見られるということも相まって、ウォーカープラスの「行ってみたいランキング」ではそこそこ上位を獲得していました。見つけてくれた彼女に感謝。

Koutouhanabi map1

打ち上げ場所はちょうどこの辺。公式ホームページが案内しているので、最初は案内通り南砂町駅で降りようと思ってたんですが、駅が地獄絵図と化していたのではっきり言ってやめておいた方がいいです。

Koutouhanabi map2

その代わり、南砂町駅から見て千葉寄りに1駅先にある西葛西駅で下車して、葛西橋通りから首都高速の高架下に降りましょう。駅もガラガラで快適だし、地元の人が中心でうるさくないし、30分前に着いても余裕で場所が空いてるしで最高です。
区の推奨場所ではないので屋台とかはないんですが、適当にコンビニでお菓子を買えばいいのです。

以下写真をご覧ください

というわけで19:40から花火が打ち上がりました。写真を撮影したのでお納めください。バルブモードをオンにしてフォーカスはマニュアル、ISO100でF11に固定しています。

DSC 5658
DSC 5714
DSC 5748
DSC 5779
DSC 5883
DSC 5818

完全に優勝です。ありがとうございます。
今回初めてRAWというものを使って写真を撮影、現像してみたんですが楽しいですね。1枚1枚の仕上がりに差がありすぎる(空とか)のでもうちょっと頑張ろうと思います。

撮影機材

使用アプリ

Affinity Photo
Affinity Photo
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
価格: ¥6,000

写真 is 楽しい

本格的に機材を揃えて写真を撮るっていうのが初めての経験だったんですがめちゃくちゃ楽しいですねこれ。しばらく勉強してブログの画像撮影にも本格的に導入していこうと思います。

ここに行きました

こんな記事もおすすめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人