長野旅行1泊2日で完全に大学生活の疲れを発散した

DSC 6329

ご覧いただきありがとうございます!主筆のてんび〜(@_tenbi)です。

大学生活に対してまたもや疲れを感じ始めたので、8月に行った熱海旅行と同じメンバーで、クリスマスの翌日から長野に逃避行をしてきました。のでその模様をお送りします。

DSC 6292

休憩で降り立ったサービスエリアです。

今回の旅は高速バスで行ったんですが、バスで長時間座りっぱなしなのは確実に腰を壊してしまうのでちょっとお金を盛ってSクラスシートというシートにしてみました。コンセントが付いていたのでバス車内でも快適にレポートを書くことができました。良かったですね。

DSC 6293

東京からバスで3時間、松本駅に着きました。

サービスエリアまでは晴れていたのに松本につく直前で雪が降ってきて「まじかよ」と一瞬思いましたが、今回の目的は「雪を見ながら温泉に入る」だったので一瞬でテンションを持ち直しました。

DSC 6306

ところで今回の旅、「雪を見ながら温泉に入る」に固執してしすぎたおかげで宿以外の行き先を何も決めていませんでした。まずい。

なので松本駅の観光案内所に行っておすすめのお昼を聞いたところ「そば処 まつした」というお店がいいよと言われたのでそのようにしました。これはざるそばです。

DSC 6312

天照大神が祀られていて「全ての願い事が叶う」とされている四柱神社をお参りしました。お賽銭を投げたので「5000兆円欲しい!」とお願いしてきました。

ちなみに僕は出かけた先のおみくじで大吉を引く能力があるので、今回も大吉を引きました。めでたい。

DSC 6313

メンバーの1人です。素敵な縁があるといいですね。

DSC 6316

風情ある「なわて通り」に行ってみたのですが、平日昼間という時間柄もあってかほとんどの店が閉まっていて残念でした。

DSC 6325

今回はメンバーの一人が見つけてきたホテル翔峰というホテルに宿泊します。

DSC 6326

平日とはいえ、1万円前後とは思えない質の高さと設備だったのでこれば別途記事にしたい。

IMG 1769

ゆっくり雪を見ながら温泉に入って気がついたら夕食の時間でした。こちらは乾杯の図です。未成年ということで配慮してくれたのか、ノンアルコールの食前酒を出していただきました(メニューにもノンアルって書いてあった)。

DSC 6327

カニが一人1匹出てきました。僕はカニ1匹を丸々食べたことがなかったので「うわぁ…あぁ…」と声にならない声を出しながら食べました。美味しい。

DSC 6329

こちらが食事のメインである信州牛のすき焼きです。絶対に美味しいのが伝わっているはずなのでもはや説明はいらない。

DSC 6340

こちらも同じく、信州牛を使ったビーフシチューです。口に含んだ瞬間に肉が溶けてなくなりました。

DSC 6354

おかずでお腹がいっぱいになったところでご飯と汁物が出てきて大変に辛い思いをしました。

DSC 6355

締めはリンゴのムースです。大満足。

この後も温泉に入るつもりだったのですが、部屋に布団が敷いてあるのを目撃し「ちょっとくらいなら…」と入ったところ、気がついたら翌朝でした。残念。

DSC 6356

2日目の朝、曇天です。それどころか朝は雪が降っていて一面雪化粧でした。長野ってすごい。

DSC 6367

ホテルをチェックアウトして松本城に向かいます。この日の最低気温は-6℃、最高気温は2℃でもう完全に寒くて厳しい。

DSC 6379

こちらが松本城です。荘厳ですごい。そして寒い。
ちなみに城内も撮影しようと思ったのですが、警備員さんにすごい勢いで制止されてしまいました。辛いです。

DSC 6397

2日目のお昼は肉食男女といういかにもな名前のお店で飛騨牛のハンバーグ&ステーキを食べました。これで1700円とか実質タダ。

DSC 6402

帰りのバスに乗る前にどうしてももう一度温泉に入りたいという話になり、温泉に行くことに。その道中でコーヒースタンドを見つけたのでコーヒーを買いました。

DSC 6403

High-Five Coffee Standというお店です。ちょっと寄っただけなのにすごくいい雰囲気でいい気持ちになれたので近くに寄ったときは行ってみるといい気持ちになれます。

DSC 6405

寒さを乗り越えて湯の華 瑞祥で雪見温泉に入りました。旅の疲れが癒せた気分。

この後バスで新宿に戻った後、会社の忘年会でフィーバーしました。濃い一日。

今回の旅のまとめ

  • 信州牛は美味しい
  • 飛騨牛も美味しい
  • 旅をする時は計画を立てよう

の3点。計画を立てないと今回の旅みたいにグダグダになります。このメンバーで毎年旅行に行けるといいですね。

▼熱海旅行のまとめです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人