【レビュー】iPhone・第2世代AirPods・Apple Watchを同時に充電できるNOMADのワイヤレス充電器が最高すぎた

これがワイヤレス充電器の完成版。

去年の秋にiPhone XS、今年に入ってApple Watchと第二世代AirPodsを購入し、いよいよ身の回りのガジェットがほぼ全てワイヤレス充電に対応しました。

このブログでもiPhone単体用やiPhone・Apple Watchを同時充電できるワイヤレス充電器(最新のSeries 4には未対応だったけど)などを多く紹介してきましたが、AirPodsも含めて3台をまとめて充電できるワイヤレス充電器はなかなか良いものがありませんでした。

そんな中、去年の秋〜冬ごろに発売され海外で話題となったのがNOMADというアクセサリーメーカーから発売されている『Base Station Apple Watch Edition』というワイヤレス充電器。
iPhone・AirPods・Apple Watchの3デバイスを同時に充電できるという、市場に出ているモノの中でもほぼ完璧と言っていいモノです。

日本ではまだ正式展開はしていないブランドなのですが、今回公式サイトから個人輸入してみたので、実際に使ってみてどうだったかなどを紹介していきます。

アクセサリーメーカーNOMADについて

今回紹介する充電器を販売しているNOMADは北米を中心にApple製品のアクセサリーを展開しているブランド。

YouTubeで海外のレビュー動画を見る限り人気の高いメーカーなのですが日本総代理店は存在せず、一部のアクセサリーのみが輸入販売されているような感じです。

AirPods用のケースやApple Watch向け交換バンドなども販売されていますが中でも評判が高いのが、今回の記事で紹介する『Base Station Apple Watch Editon』というワイヤレス充電器。

  • Apple Watch
  • iPhone(ワイヤレス充電対応機種)
  • AirPods(ワイヤレス充電対応機種)

の3台を同時に充電できるとあって、爆発的な売り上げを記録しています。常に売り切れ状態で、7月7日現在注文しても8月下旬以降発送とのこと。

Apple Watchなどを同時充電できる『Base Station』レビュー

NOMADとBase Stationについて簡単に紹介したところで、早速購入した『Base Station Apple Watch Edition』を開封・使用していきます。

ちなみに今回は4月上旬に購入し発送されたのは6月20日、手元に届いたのは6月25日でした。長旅…。

付属品は充電パッド本体にACアダプター。どの国でも使用できるような変換アダプターがあらかじめ同梱されていて、日本でも問題なく使えます。

Apple Watch用の充電スペースはこのような感じ。

以前『iPhoneとApple Watchを同時充電できる本革ワイヤレス充電器『Enetree EWCP02』レビュー | ガジェットTouch!』という記事でも紹介したワイヤレス充電器とは違い「Made For iPhone」認証を取得済みのため、Apple純正の充電器と同じ構造のものが使用されています。

ワイヤレス充電パッドはレザー調の素材が貼り付けられていて高級感は非常に高いです。触り心地も良好。

早速デスク上に充電パッドを設置してみました。以前はこの部分に

  • iPhone用のワイヤレス充電器
  • Apple Watch用の充電器
  • AirPods用のLightningケーブル

が置いてあったのですが、NOMADの充電パッドを設置することでかなりシンプル・スタイリッシュに。見た目的にも圧倒的にこちらの方が好き。

以前購入した充電器では充電できなかったApple Watch Series 4を充電してみました。置くと充電が開始され、純正の充電器を使っているときと同じ速度で充電が進んでいきます。

iPhoneやスマートフォンを充電できるパッドには充電コイルが3つあって、それぞれ右・左・中央に搭載。

左側にAirPods(第2世代)を置いたところ、本体下部のLEDが点灯して充電が始まりました。

この状態で右側にiPhone XSを置いてみましたが、こちらも問題なく充電が始まりました。充電コイルの最大出力ワット数は7.5Wと、iPhoneをワイヤレス充電する場合の規格最大値で充電可能です。

充電コイルはパッドの中央にも搭載されているので、上の写真のようにiPhoneを横向きに置いても充電可能。

印象値として左右のコイルは充電判定が厳しい(位置をちゃんとしないと充電されない)印象があるので、寝る時のワイヤレス充電は横向きにするのが良いかも。

実際に充電器を使っている様子は上の動画で詳しく紹介しています。

まとめ

こんな感じで今回はNOMADから発売されているワイヤレス充電器『Base Station Apple Watch Edition』を紹介しました。

「iPhone用の充電器」「Apple Watch用の充電器」など単一デバイス用であれば良い感じの充電器は発売されているのですが、3デバイスを同時にという充電器はなかなかレア。使い勝手やデザインも良く気に入っていて、これでワイヤレス充電器探しの旅は終了かなと思っています。

今から購入しても出荷は8月下旬とかなり人気のガジェットではありますが、個人的には1ヶ月半待っても手に入れたいワイヤレス充電器だなと感じました。

↓購入は公式サイトから。

iPhone単体で使えるワイヤレス充電器としてはAnkerの『PowerWave Stand』がおすすめ。必要なアクセサリーも揃っているのですぐに使えます。

レビューも詳しく書いています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人