iPhoneとApple Watchを同時充電できる本革ワイヤレス充電器『Enetree EWCP02』レビュー

Apple純正のAirPowerが開発中止となった今、Apple WatchとiPhoneを同時に充電するにはサードパーティー製充電器が必須。

いくつかのメーカーから同時充電に対応した充電器が発売されていますが、どれもデザイン的に中途半端か性能が不安定化の2択で、なかなか思うような充電器が見つかりませんでした。

そんな中、イタリア製本革を使用しApple WatchとiPhoneの同時充電に対応したワイヤレス充電器をたまたま発見したので購入しました。

結果的には「Apple Watch Series 4非対応」ということですぐに使わなくなってしまったのですが、デザイン的にはかなり良かった製品なのでサクッと紹介していきます。

本革充電パッド『Enetree EWCP02』レビュー

今回紹介する『EWCP02』は、Enetreeが発売していた前モデル『EWCP01』をベースにApple Watch対応やスタンド化などを実装した新モデル。値段も前作よりダウンし8,000円となっていて、2台充電ができるワイヤレス充電器としては妥当な金額といえそうです。

『EWCP01』についてはgori.meなどでもレビュー記事が上がっているので、もしかしたら他サイトで見たことがあるかも。

外装を開けるよこのような感じ。本体の他には

  • USB-A to USB-Cケーブル
  • 保証書

のみが付属しています。

こちらがワイヤレス充電器の本体。メインの台座はアルミニウムを削り出して造形したボディで見た目にも高級感がある他、デスクに置いていても他のApple製品との相性は悪くなさそう。

Apple Watchの充電パッドはある程度自由に角度調節もできる(90度〜45度くらい)ので、ナイトスタンドモードを使って充電する・通常モードで充電するなど状況に応じて使い分け出来ます。

ちなみに台座の下部にはゴムパッドが付いているので、充電中のスマホが滑ってワイヤレスの充電範囲から離れてしまうこともないのが良いですね。

そしてこの充電器の最大の特徴ともいえるのが、スマートフォンを置くパッドの部分が革張りになっているところ。イタリア製の「ベジタブルタンニングレザー」と呼ばれる革を贅沢に使っていて、他のワイヤレス充電器とは比べ物にならない高級感が漂っています。

スマートフォンスタンド部分の角度はこのような感じ。一般的なワイヤレス充電スタンド(ここではAnkerの『PowerWave Stand 7.5』)と比較しても角度はやや緩く、パソコン作業しながらのスマホ操作はちょっと大変だなあと感じました。

ワイヤレス充電器『Enetree EWCP02』で実際に充電してみる

『Enetree EWCP02』は汎用的なUSB Type-Cケーブルを使って接続するタイプ。前作の『EWCP01』は充電に専用のACアダプタが必要だったことを考えると、従来よりも充電環境がスマートになるのは良いことですね。

ただし本体にはUSB-A to USB-Cケーブルのみの付属の他、iPhoneとApple Watchを同時に充電するにはQuickCharge 2.0以降に対応したACアダプタを用意する必要があります。僕の場合はたまたま所持していたので事なきを得ましたが、購入時には手元にQuickCharge 2.0以降に対応したACアダプタがあるか確認しておきましょう。

ちなみにQuickCharge 2.0以降に対応したACアダプタとしては、Ankerの『PowerPort+ 1』がオススメ。Amazonなどで安価に発売されているACアダプタと比較しても信頼性が高く、電気用品安全法の技術基準に適合した事を示す「PSEマーク」の記載もあるので安心です。

充電器等もろもろのセッティングを済ませてiPhone XSを載せてみたところ、しっかりと充電が始まりました。

『Enetree EWCP02』は

  • Galaxyシリーズの一部端末: 10W
  • iPhone 8・X以降のiPhone: 7.5W
  • その他のQi対応機種: 5W

でのワイヤレス充電に対応していて、僕が所持しているiPhone XSでは7.5Wの出力で充電可能。家電量販店などで販売されている一般的なワイヤレス充電器と比較すると、やや高速に充電できるのが良い。

個人的にすごく残念だったのが、この充電器のApple Watch充電スタンドは最新の『Apple Watch Series 4』非対応だという点。スタンドに載せると充電マークも表示されるのですが、2時間くらい充電してやっと1%充電される程度なので、正直普段使いには向かないですね。

ちなみに僕が購入したときには『Apple Watch Series 4』非対応とは書いていなかったはずのですが、現在公式の販売ページにはちゃんと「AppleWatch Series4 には対応していません。」とコメントも追加されているので、見落とすこともないかなと思います。

今回の『Enetree EWCP02』に限らず、以前から発売されているApple Watch充電器は『Series 4』非対応のモノも多いので、購入するときはちゃんと表記を確認する必要がありますね。

まとめ

こんな感じで、Enetreeから発売されているイタリアンレザー張りのiPhone・Apple Watch同時充電対応ワイヤレス充電器『EWCP02』を紹介しました。

Apple Watch Series 4の充電に対応していないことこそ残念でしたが、レザー張りの高級感・上品さを味わえるワイヤレス充電器はあまり聞いたことが無く、使っていてちょっとした所有欲が満たされることは間違いありません。

  • Apple Watch Series 3以前のモデルを使っている人
  • ワイヤレス充電器に上品さ・おしゃれさを求めている人
  • とにかくレザーが好きな人

にオススメです。

「Apple Watchの充電スタンドはいらない!」という人には、同じくEnetreeから発売されているパッド型のワイヤレス充電器がオススメ。スタンド型ではないものの、今回紹介したモノと同じくレザー張りで、最大10Wのワイヤレス充電にも対応しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人