旅行の際は必携レベル!Apple Watchを3.5回充電できるBelkinの小型バッテリーが超絶便利

先日のブラックフライデーセールで購入した、Belkinから発売されているApple Watch専用のモバイルバッテリー『BOOST↑CHARGE』がなかなか良かったのでレビューしていきます。

Apple Watchの充電に特化した2,200mAhモバイルバッテリー

今回購入した『BOOST↑CHARGE』は、Apple向けのアクセサリーを多く発売しているBelkinから発売されているモバイルバッテリー。

一般的なモバイルバッテリーと違いUSB出力端子を搭載せずApple Watchの充電に割り切ったことが特徴で、Apple Watchを約3.5回充電することができる2,200mAhのバッテリーを搭載しています。


付属品はバッテリー本体のほかに充電用のUSBケーブル。

写真左側のボタンは残量確認・充電オンオフボタン。バッテリー残量は4つのランプで、それぞれ25%単位で確認することが可能です。

本体への充電はmicroUSBケーブルを介して行います。Apple WatchのバッテリーでUSB-C入力対応のモノ、まだ見たことなくて非常に残念…。

メインで使うことの多いモバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000 PD』とサイズを比較するとこのような感じ。

バッテリー容量の違いやUSB出力端子の有無などから、一般的に小型と称されるバッテリーと比較しても非常にコンパクトに仕上がっています。

Apple公式「Made For Apple Watch」取得済みで安心

サードパーティー製のApple Watch充電器は、一部に正常に充電できない不具合を持ったものもあり、過去には『Series 4』が充電できなかった充電スタンドも紹介しましたが、今回購入した『BOOST↑CHARGE』はApple公式の「Made For Apple Watch」を取得済み。

充電部分に関わるパーツなどはApple純正品とほぼ同等のクオリティを持つ部品が使われているため、最新の『Series 5』を使っている方でも問題なく使用可能です。

普段使っている『Apple Watch Series 4』を載せてみるとこのような感じ。USB経由で充電している時と同じスピードで充電可能で、だいたい満充電まで2時間かからない程度でした。

ちょっとした旅行のときに便利なバッテリー

最新のSeries 5の場合、バッテリー持続時間は最大18時間と外している時間を考慮すると約1日〜2日はバッテリーが持つようになっていますが、反面旅行の際などは充電ケーブルが欠かせず、うっかりケーブルを忘れてしまい省電力モードにした経験がある人も多いはず(僕もよくやる)。

今回紹介したBelkinのバッテリーは「Apple Watch専用」と用途の幅は狭いものの、Apple Watchを3.5回充電できる2,200mAhバッテリーを搭載しているため、4泊くらいまでの旅行であればこのバッテリーで十分耐え忍ぶことが可能です。

またAppleの認証を取得しているため、一度購入してしまえば故障やバッテリー消耗を除いて使い続けられるのも魅力。

Apple Watch本体は毎年買い換えるデバイスではないものの「Series 3は充電できたのに5では充電できない!」という充電器もザラにあるので、認証を取得しているというのはかなり安心感があります。

価格は6,910円と一般的なモバイルバッテリーに匹敵するレベルの価格ですが、Apple Watchを愛用している人であれば持っておきたいアクセサリーでしょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人