最大30WのUSB PD出力で高速充電対応!安全性にこだわったBelkinのモバイルバッテリーをレビュー

Apple Storeでも発売されているアクセサリーを多数販売しているメーカーBelkinから『BOOST↑CHARGE 20000mAhモバイルバッテリー』をご提供いただいたので、1週間ほど使ってみたレビューを紹介していきます。

iPhone XS Maxとほぼ同じサイズのモバイルバッテリーをレビュー

今回レビュー用に提供いただいたのは、8月に発売されたばかりの『BOOST↑CHARGE 20000mAh』というモバイルバッテリー。

20100mAhという大容量バッテリーを採用しつつ、USB Type-C端子からのUSB PD(最大30W出力)に対応していて、iPhoneやUSB PD出力対応機器を高速充電できるのが特徴です。

20100mAhというバッテリー容量は

  • MacBookを3.5回分
  • 11インチiPad Proを2.5回分
  • iPhoneを5回以上

充電できる十分な容量。しっかりとモバイルバッテリーさえ充電しておけば、1泊2日程度の旅行であれば別途USB充電器を用意する必要はないレベルです。

このバッテリーは『Yahoo! JAPAN creatorsプログラム』に投稿した動画でも軽く紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

付属品はバッテリーの他に、バッテリー自体を充電するために必要となるUSB Type-Cケーブル。別途USB PDに対応したUSB充電器などが必要になるので用意しておきましょう。おすすめはRAVPowerから発売されているコンパクトな61W充電器です。

バッテリーのサイズは『iPhone XS Max』とほぼ同等。重ねてみた画像では、下にあるiPhone XS Maxがすっぽり隠れています。

大きさこそ同等なものの、厚みはBelkinのモバイルバッテリーの方が明らかに分厚くなっています。充電中は手に持つよりもカバンに入れておくのがおすすめです。

最大30WまでのUSB PD出力に対応

本体に搭載されている端子は

  • 最大2.4A出力のUSB Type-A端子
  • 最大30W出力のUSB Type-C端子

の2つ。

Type-C端子はバッテリー本体へ充電する入力端子を兼ねているだけでなく、最大30WのUSB PD出力に対応しているため、iPad Proや13インチMacBook Airの充電にも対応。

もちろんUSB PD出力は先日発表されたiPhone 11シリーズにも使うことが可能で、iPhoneであれば30分で約50%充電することができます。

実際に充電してみたところはこんな感じ。

バッテリー本体には熱・電圧・回路を監視するセンサーが搭載されていて、万が一デバイスやバッテリーに異常が起きた場合、自動的にバッテリーの出力をオフにするオーバーライド機能が有効になります。

さらに、正常にバッテリーを使用していて接続しているデバイスに損傷がおきてしまった場合、最大28万円を上限に修理・交換が行える条件付き接続機器補償も付帯。

こうした機能・付帯補償などが手厚いのはAppleストアでも取り扱われているBelkinならでは。安心してデバイスを使うことが可能です。

旅行でも使えるモバイルバッテリーとしてお勧め

こんな感じで、今回は8月にBelkinから発売されたばかりの『BOOST↑CHARGE 20000mAh』を紹介してみました。

一般的なデバイスをUSB Type-A端子を用いて充電しつつUSB PD出力で高出力が必要なデバイスを高速で充電できるのは魅力的。

最大出力は30Wと一部のハイエンドPCの充電には向きませんが、MacBook Airなどはフルスピードで充電できるほか、61W出力が必要とされている13インチMacBook Proでも(速度こそ遅いものの)充電が可能です。

バッテリー容量も20100mAhと非常に多いので、旅行やアクティビティのお供としても最適。

なにより緊急時の充電停止や不慮の事故に対する補償が用意されているモバイルバッテリーは他になく、大きな魅力だと言えます。

価格はAmazonで10,000円ほど。高出力・大容量は選ぶ前提で、安全に使えるモノを求めている人は真っ先に検討すべきバッテリーです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人