ガジェットTouch!

今年も買うのはPro Max!僕が『iPhone 12 Pro Max』を購入する理由

画像はApple公式サイトより引用

明日の『iPhone 12』『iPhone 12 Pro』を皮切りに、全4モデルで発売されるiPhone 12シリーズ。

人によっては明日発売される2機種を購入する人も多いでしょうが、僕は昨年に引き続き最上位モデルにあたる『iPhone 12 Pro Max』を購入することにしました。

今回の記事では、4モデル展開されている中で僕がiPhone 12 Pro Maxを選んだ理由を、主に3つの視点からまとめていきたいと思います。

カメラ性能に期待が持てる

画像はApple公式サイトより引用

Appleの発表会でも触れられていたとおり、今回発売される4モデルは基本スペックが全て同等。

全モデルにA14 Bionicチップが搭載されているほか、11シリーズまでProモデルのみ搭載されていた有機ELが「12 mini」を含めた通常ラインナップに搭載されていたりと、基本スペックを統一し画面サイズやカメラ性能で各モデルの差別化を図るようなモデル構成になりました。

この中でも僕が特に注目したのが、Pro Maxモデルにのみ搭載されているセンサーシフト光学式手ブレ補正2.5倍の望遠レンズなど、主にカメラ性能の部分です。

昨年のiPhone 11 Pro Maxもカメラ性能を重視して購入した部分が大きかったのですが、iPhone 11シリーズは「スマートHDR」によるホワイトバランスの調整機能が非常にお粗末で、写真によっては極端に青い・黄色い仕上がりになる始末。

Pixel 3 XLのレビューでもこの点については触れましたが、このレビューを公開して以降もスマホで写真撮影する場合は極力『Galaxy S20 5G』か『iPhone SE』で撮影するようにしています。レンズ性能的にはiPhone SEのほうが劣るはずなのによっぽどまともな写真が撮れるんですよね…。

その点、今回のiPhone 12シリーズでは自動補正の技術が「スマートHDR 3」に進化し改善されたほか、「Deep Fusion」によって写真の画質向上も期待できそう。

なによりPro Maxにのみ搭載されている「センサーシフト光学式手ブレ補正」「2.5倍(65mm相当)の望遠レンズ」があれば、ちょっとした散歩や街撮りスナップ程度であればiPhoneでこなせてしまうのではないかという期待があるのです。

すでに先行レビューによってiPhone 12 Proで撮影した写真が多数公開されていますが、今のところホワイトバランスが大きく崩壊しているような写真もなく安心しているところ。iPhoneで綺麗な写真を撮る、というのは2年越しの願いでもあるので、ぜひとも達成したいですね。

大画面でのコンテンツ制作・消費は正義

いくら自宅で作業する時間が多いとはいえ、最近は外出することも少しずつ多くなってきました。自宅であればPCやiPadで出来るコンテンツ制作も、電車の中など外出時にはどうしてもiPhoneに頼らざるを得ない場面が多々あります。

そうなってくるとやはり重視したいのが本体のスクリーンサイズ。一昨年の『iPhone Xs』では画面の小さなモデルを使っていて不満はなかったのですが、iPhone 11 Pro Maxで6インチ超の画面サイズに慣れてしまうと、もう小さなモデルをメインには出来ないレベルで快適です

比較的手の小さめな僕にとっては「Max」のサイズは大きく持ちづらさを感じるときもあるのですが、ちょっとしたスキマ時間にLightroom CCを使って写真を編集したり文章を執筆したりと、コンテンツを制作することを考えるとメリットのほうが大きいのが事実。

もちろんコンテンツを消費する場面においても、iOS 14から搭載されたピクチャー・イン・ピクチャーなどは大画面モデルのほうが圧倒的に有利。こうした点を考えると、多少大きすぎるサイズでも「Max」を購入すべきだと感じました。

指紋認証の枠はiPhone SEに任せる

今年もPro Maxを使うとなると気になってくるのがFace ID。

今年は『iPad Air』にTouch ID搭載電源ボタンが載ったこともあってiPhoneへの指紋認証復活も期待していたのですが、例によってFace IDのみの搭載でした。

自宅であればなんら気にならないFace IDですが、マスクの欠かせないこのご時世ではロック解除を試みる度にマスクを外す or パスコードを入力することが必要で、それがかなり手間になっています。

ですが、個人的にはこうした問題は『iPhone SE』を使えばいいということに気がついてしまったので、すでに解決済み。今までiPhone 11 Pro Maxに加えてGalaxy S20 5Gを持ち歩いていましたが、12 Pro Maxを入手後はGalaxyをiPhone SEと入れ替え、iPhone2台体制で運用しようと画策しています。

まとめ: 予約開始日が待ち遠しい

こんな感じで、今回は『iPhone 12 Pro Max』を購入する理由を3つ紹介しましたが、正直に言ってしまうと先に発売される『iPhone 12』『iPhone 12 Pro』を入手する人たちが少し羨ましくもあります。(iPhone X発売時を除き)例年iPhoneは全モデルが同日に発売されていたので、欲しいモデルが遅れて発売されるのはちょっとモヤモヤ。

とはいえ、今年のiPhoneに関して個人的には「iPhone 12 Pro Max以外ありえない!」と思っているほどPro Maxの魅力に陶酔してしまっているので、2週間後の予約開始日を指をくわえて待ちたいなと思います。

iPhone 12シリーズを予約する