ガジェットTouch!

『キャッシュレス財布 abrAsus』レビュー。厚さ9mmでコンパクトなキャッシュレス時代にオススメの財布【PR】

時代の変化とともにお札・小銭を使う機会が以前より少なくなってきた最近。僕自身も3年位前に『薄いマネークリップ』という製品を使い始めてからはキャッシュレス派になり、財布自体もコンパクトなものを選ぶようになりました。

ここ半年くらいは友人のトバログが開発に携わった『PRESSo L』という財布を使い続けていたのですが、昨年11月に『薄いマネークリップ』を販売しているスーパークラシックから新たに『キャッシュレス財布 abrAsus』という薄型の財布が発売されました。

今回ありがたいことにレビュー用に製品を頂いたので、しばらく使ってみた感想や過去の財布と比較した様子を紹介していきます。

製品は発売元のSUPER CLASSIC様よりレビュー用に提供いただいたものです。

薄さと利便性を両立した『キャッシュレス財布』

こちら今回提供いただいた『キャッシュレス財布 abrAsus』。同社から発売されている『薄い財布』や『薄いマネークリップ』に近いフォルムを採用していて、これらの財布を使ったことのある人は違和感なく移行できるはず。

素材に使われているのは『薄い財布』『薄いマネークリップ』の上位モデルに採用されている「ブッテーロレザー」と呼ばれる高品質レザー。

深い艶や高級感が味わえることが特徴で、『薄い…』の通常モデルに使われているガラスレザーと比較するとかなり上品な質感があります。このレザーが通常モデルに採用されているのは個人的にはナイスなポイントですね。

『薄い財布』 『薄いマネークリップ』と同様に、財布本体はかなり薄型な仕上がり。

最大容量であるカード5枚、鍵2本、紙幣5枚を収納したとしても厚さは9mmと、僕自身が今まで使ってきた財布の中でもダントツで薄い。ジーンズのポケットに入れることが多かったのですが全く違和感がありませんでした。

『薄い財布』では小銭を入れるスペースだった財布本体下は、自宅や職場などの鍵を最大2本まで収納できる場所になりました。鍵を1本のみ収納する場合は、万が一の時に備えて500円玉硬貨1枚を一緒に収納できるようになっています。

こんな感じで『キャッシュレス財布』は基本的にはクレジットカード類・現金(紙幣)・鍵の収納に特化していて、出来る限り小銭を排除した設計となっています。

実際に収納してみる

ざっと『キャッシュレス財布』の概要について紹介したところで、実際に日常的に利用していた財布から中身を入れ替えてみました。

今回『キャッシュレス財布』に収納するのは

  • お札
  • 自宅の鍵
  • 個人用クレジットカード
  • Kyashカード(個人・事業用を切り替え)
  • キャッシュカード
  • 学生証
  • 運転免許証

の全部で7アイテム。できる限り薄さを保つためカードポケットには最大5枚のカードしか入らないようになっているため、今回は泣く泣く健康保険証などは除外しました。

実際にアイテムを収納してみるとこのような感じ。一般的な財布とほぼ同等のアイテム量を収納していますが見た目は非常にスリムですっきりしています。

鍵は画像のように、差し込む形で鍵ポケットに入れます。オートロックセンサーの付いていないタイプであればほぼ全ての形状の鍵を収納できるとのことで、少し古いタイプの鍵の場合でも問題なく使うことが可能。

鍵を使用しない時はスリットから収納することができるので、不用意にレザーを傷つけたり鍵を落としてしまうようなことはありません。

カードは上に向けて押し上げるようにして取り出します。使い始めは革が硬いためカードも2〜3枚しか入りませんが、使い込むに連れて革が伸び収納枚数も増え、ついでにカードも取り出しやすくなります。

アイテムを全て収納して閉じてみたところ。それなりに色々収納してますが、それでも1cmに満たない厚さを実現しているのは本当にすごい…。

『キャッシュレス財布 abrAsus』をしばらく使ってみた感想

提供いただいてからしばらくの間『キャッシュレス財布 abrAsus』を使ってみましたが、総評としては非常によく出来ている財布だな~と感じました。使っていて「これが足りない!」と感じることもなかったですし、逆に「これが不便だ」と思うことも(1点を除けば)なかった。総じてキャッシュレスを目指している人にはオススメできる財布です。

中でも特筆すべきなのは、やはりその薄さ・コンパクトさでしょう。メインの財布として使っていた『PRESSo L』とサイズを比較すると、単純な縦横だけで見ると『キャッシュレス財布』の方が大きいものの、厚みは圧倒的に薄い。

もちろんPRESSo Lに入れていた保険証が入っていないところも考慮すべきですが、それにしても厚さ9mmというのは異次元。革の重なりがないだけでこれだけ薄く取り回しやすくんだなあと、『薄いマネークリップ』を使っていた頃の感覚を改めて思い出しました。

一方残念だな~と感じてしまったのは、鍵の取り出しを片手で行うのが難しい点。スリットに鍵を入れて完全に収納してしまうと、いざ取り出そう!と思っても両手を使わないと取り出せないんですよね。

毎日困るわけではないのですが、買い物から帰ってきて片手がふさがっている時は荷物を一度地面に置く手間が生じてしまうため、ここはもうちょっとなんとかしてほしいな…と思いました。

まとめ

こんな感じで、今回はスーパークラシックから提供いただいた『キャッシュレス財布 abrAsus』を使ってみた感想をまとめてみました。

コンパクトで扱いやすい財布を求めて色々なモノを使ってきましたが、今回の『キャッシュレス財布 abrAsus』はその中でも結構上位に入るお気に入りっぷりです。コンパクトさはもちろん、革の色や質感も同じ価格帯の財布の中ではかなり良く、鍵の取り回し部分を除けばほぼベストな財布かな~と思っています。

今回紹介した『キャッシュレス財布 abrAsus』は、公式サイトで15,000円で販売中。このご時世どうしても実店舗に行く機会は少なくなってしまいがちですが、キャッシュレス生活を一気に進めたい人にオススメできる製品ですよ。