ガジェットTouch!

iPhoneをケース無しで使いたい人、これ買えば間違いない。| 『Bare Naked EX』

やっと見つけたケースレス族必見のiPhone用ケース。

iPhone 12 Pro Maxは裸で使いたい美しさ

去年の発売日に購入した『iPhone 12 Pro Max』。これまではApple純正のレザーケースを使い続けていたのですが、できればケースを外して使いたいなと思っていました。

「Max」モデルなので重量や重さが気になるというのも理由の一つですが、もっとも大きな理由はiPhone 12 Pro Maxの外観がかっこいいから。

iPhone 12シリーズになってから、iPhone 5s・SE(初代)のような角ばった外観デザインに変化した(戻った)ので、これまでのiPhone 11シリーズと比べても製品として非常にかっこいいデザインになったように感じています。

さすがに10万円以上するスマートフォンをケース無しで使うのは保証に入っていてもかなりリスキーな行為。数日ほどケース無しで使ったこともありましたが、結局は純正レザーケースと合わせたり、薄さ0.3mmのケースを装着して使うようになっていきました。

美しさを損なわない「本当に透明な」ケースがあった

とはいえ、そうしたケースは薄型であっても半透明であることが多く、いくら「ケースを着けていない感覚!」と謳われていたとしても、本体デザインの良さを最大限活かせていないのが残念なポイントでした。

この個人的な薄型iPhoneケースに対するモヤモヤを100%解消してくれたのが、今回紹介する『Bare Naked EX』というiPhoneケース。

国内に代理店があるわけではないので英語の公式サイトから直接購入する必要がありますが、ケースレス派の人であればその手間をかけてでも購入する価値があるケースだと感じています。

こちらがNaked EX for iPhone。カラーは今回購入したクリアのほかにブラック(Onyx)の2色展開。送料込みでおよそ4,000円前後で購入しました。

薄さ0.5mmの樹脂で作られていて、特殊な酸化物によってクリアケースにありがちな黄化を防いでくれるようです。透明なケースはこれがすごく気になっていたので、透明のまま使えるのは嬉しいですね。

実際に装着するとこんな感じになります。ケース自体が透明なので、これまでと比べても段違いに「ケース着けてない」感が上がったような気がする。背面のAppleマークもしっかり見えているのが良いですね。

もちろん側面のステンレススチール部分も鏡面のまま保護されます。

これまでの薄型ケースは半透明なぶんiPhone本体のデザインが損なわれている感覚があったので、鏡面フレームが見えるだけでもグッとかっこよさが際立ちますね。

薄さ0.5mmということもあり、ケース越しではあるもののMagSafeアクセサリーの接続にも対応しています。

さすがにMagSafe対応ケース装着時・ケースなしの場合と比べると磁力は少し弱くなりますが、これまで使っていたMagSafe充電器などをそのまま使い回せるのは嬉しいポイントです。

ただし、半透明なケースと比較すると擦り傷はずっと付きやすいです。

1ヶ月ほどNaked EXを装着して使っていますが、MagSafe端子の周辺やカメラモジュールと対角の部分(画像では右下)にかなり擦り傷が付きました。

個人的には本体が傷つかず、本体のデザインが活かせるのであればケースの傷は気になりませんが、人によっては気になってしまうところかもしれないですね。

フロストエア・memumiとの比較

最後に、これまで薄型ケースとして使っていた『memumi』『フロストエア』などポリプロピレン製ケースと透明感の違いを見比べてみましょう。

上の画像で左側がポリプロピレンケース、右側がNaked EXになっていますが、右側の方が背景の木目がしっかり出ているのが分かると思います。

iPhoneに装着するとこんな感じ。左側のポリプロピレンケースは半透明なので、Appleマークが隠れてしまっています。

最薄0.3mmという薄さを選んでポリプロピレンケースにするか、見た目を選んでNaked EXにするかは人それぞれだと思いますが、僕としては多少厚みが増えてもNaked EXを選んでよかったなと思います。

まとめ

今回紹介した『Bare Naked EX』は、僕のように

  • iPhoneをケースなしで使いたい
  • 本体のデザインを活かして保護したい

と考えている人に最適なiPhoneケースでした。

純正レザーケースの経年変化は好きですが、iPhone本体のデザインはもっと好きなので、これからはBare Naked EXをメインのケースとして使っていこうと思います。