ガジェットタッチ

今年もプライムデーがやってくる!Echo Pop・Echo Showなどが半額以下で超お得になりそう

毎年の恒例となっているAmazon.co.jpで最大のセール『プライムデー』が、来月7月11日(火)~7月12日(水)の2日間で開催されます。

すでにお得なキャンペーン情報は別の記事にまとめていますが、Amazonからプライムデー先行セール・プライムデーで安くなる商品が一部先行公開されているのでサクッとご紹介します。

2023年5月に発売されたばかりの新型スマートスピーカー「Echo Pop」が約60%オフ・人気の『Echo Show 5』が約55%とかなり大盤振る舞いなので、今回のセールも見逃せないこと間違いなしです。

プライムデー開催概要

例年開催されている『Amazon プライムデー』は、2015年に始まったAmazonプライム会員のみが参加できるビッグセール

一般会員でも参加できるブラックフライデーセール(秋〜冬ごろ開催)と並んでAmazonのセールの中でもトップクラスに大規模で、多くの商品・サービスがお買い得になる期間になっています。

今年は7月11日(火)と7月12日(水)の2日間にわたって開催される上、セール直前の2日間(7月9日・7月10日)には「プライムデー先行セール」も行われるなど、いつにも増して大規模になっていることが特徴です。

この4日間のセール期間中に開催されるキャンペーンについては別の記事で概要をまとめています。どのキャンペーンもチリツモでお得になるので見逃すともったいないですよ…!

プライムデー先行セール 対象商品のオススメ

サクッとプライムデーの概要につれて触れたところで、ここからはプライムデーにあたって「これは安くなるよ」と事前告知されている商品の中から、個人的なオススメたちを紹介します。

Fire TV Stick 4K Max

ほぼ毎回セールになっているFire TVシリーズからは、スティック型の最新モデル『Fire TV Stick 4K Max』が対象に。

通常の『Fire TV Stick』と比較してWi-Fi 6への対応やプロセッサー性能の向上といった4K映像へ対応したスペックアップが特徴で、すでに4K対応テレビを持っている人にもオススメの1台になっています。

先日の「ブラックフライデーセール」では通常6,980円のところ半額の3,480円に値下げされていたため、プライムデーでも同規模の値下げに期待です。

iPad(第9世代 2021年モデル) Wi-Fi 64GB

Apple(アップル)
¥43,232 (2024/05/02 20:09時点 | Amazon調べ)

Apple製品からはiPad(第9世代)がラインナップ。

ホームボタンの無くなった現行第10世代と並行されて発売されている唯一ホームボタンのあるiPadで、未だに「iPadと言われればコレ」と真っ先に思い浮かぶボディの端末。

今回のセールでは45,000円くらいの値下がりが期待できそうですよ。

CIO NovaPort Trio 65W

僕が持っている・使っている枠で言うとCIOのUSB充電器『CIO NovaPort Trio 65W』が告知されています。小型で3ポート搭載・65W出力ということでカバンの中にサクッと入れておけるのがお気に入りポイント。

プライムデーセール 対象商品のオススメ

続いて7月11日(火)と7月12日(水)のプライムデー期間中の値下げが告知されている製品たちをご紹介。

Echo Pop: 5,980円→2,480円

今年(2023年)の5月に発売されたばかりの『Echo Pop』が早速セール対象に。いきなり5,980円→2,480円と50%以上の値下げが告知されているので、セール対象のEchoデバイスの中では真っ先に在庫がなくなる予感がします。

これまでなかった「ラベンダー」「ティールグリーン」といった淡めのカラーが展開されているなど、これまでのEchoデバイスとはちょっと違う見た目が人気になりそう。写真のイメージから大きめな本体サイズをイメージしがちですが、実はEcho Show 5よりも小さくEcho Dotと同じくらいのサイズ感なんですよね。

個人的にもEcho Popは購入予定。

Echo Show(第2世代): 8,980円→3,980円

例年セール対象になっている5インチディスプレイのついたスマートスピーカー『Echo Show 5』も通常8,980円のところ3,980円で販売予定です。

Echo Showは大型セールのたびに即売り切れ、発送まで1ヶ月待ち…みたいな状態になりがちなので、本当に欲しい方はプライムデーセールが始まったらすぐに買ってしまうのがオススメです。

Microsoft 365 Personal

2023年6月から10%前後の料金アップが入ったMicrosoftのサブスク『Microsoft 365 Personal』も、簡単にアクティベーションできるオンラインコード版が値下げ予定。おそらく値上げ前の水準かそれよりも少し安くなりそうなので、有効期間の延長を目当てに買うのもよさそう。

SwitchBot ハブ2

Echoシリーズを買うのであればぜひ一緒に導入しちゃいたいのがスマートホーム製品たち。

色々なメーカーから多くの商品が出ていますが、ここ2年くらいは「SwitchBot製品を買えば間違いない」という風潮で、今回のプライムデーセールでもSwitchBot製品が多数セール対象になっています。

中でも個人的要チェックはHomeKitにも対応したフルモデルチェンジモデル『SwitchBot ハブ2』。定価8,980円がどこまで値下がりするのか楽しみです。

MacBook Air(M1, 2020)

僕が今メインのMacとしても使っているM1 MacBook Air(2020年モデル)もセール対象です。

ここ数回のタイムセール祭りでは一部の旧型Macノートブックが40%オフになる投げ売り価格になっている印象が強く、今回も10〜20%オフくらいは期待できそうな気がします。M1、なんだかんだ3年くらいはストレスなく使えているのでオススメですよ。

AirPods Pro(第2世代)

みんな大好きAirPods Proも最新モデルがセール対象。通常価格の38,000円は正直かなり高いですが、2年前くらいの為替レートを反映した価格になってくれるとかなり「アツい」と思います。

キャンペーンもセール商品も「計画的」に選んでおこう

Amazonのタイムセールは普段割り引かれないような商品たちも大量に安くなるのが魅力ですが、うっかり不要なモノまで買ってしまったり、逆に欲しかったものを買いそびれてしまうケースが起きるのが常。

キャンペーンについては事前のまとめ記事を参考に「参加した方がお得」「これなら簡単だから参加する」といった判断をしつつ、セールは「絶対に買いたいモノ」を真っ先に買って、あとは流れでポチっていくと無駄のない買い物ができるのではないでしょうか。

特に毎回恒例のポイントアップキャンペーンに関しては最大15%還元も予告されているので、今のうちに事前エントリーやアプリの用意、そして品定めも忘れずに。

※この記事にはアフィリエイトリンク・広告が含まれています。