Thunderbolt Ethernet Abapter – 小型ながら安定したスピードを確保できるアダプタ

Mac
Home, 2013

Appleから販売されている「Apple Thunderbolt to Gigabit Eathernet Adapter」を購入、速度の比較を行なってみました。

スポンサーリンク

このアダプタは、Thunderboltを搭載したMacに接続することで、1000BASE-Tという快適な速度でインターネットを楽しむことが出来る製品で、類似品としては「Apple USB Ethernet Adapter」が挙げられます。

このEthernet AdapterとApple USB Ethernet Adapterにはいくつか違いがあり、大きな点としては

・USBで接続するかThunderboltで接続するか
・最大速度の違い

などがあります。

オーバービュー:Apple特有の美しいボディ

IMG_2377

外箱を開けると、

・接続方法マニュアル
・取り扱いマニュアル
・Apple特別1年保証に関する書類
・本体

が入っています。

DSC01430

アダプタの大きな部分にはLANケーブルをつなぐ部分があります。LANケーブルを抜く際は、かなり力を入れないと抜けないので注意が必要です。

DSC01438

そしてこちらがThunderbolt端子。端子自体はMini Display Portと互換性がありますが、この製品はThunderbolt端子専用になっています。

DSC01434

手持ちのiPhone 4と大きさを比べるとこんな感じになっていて、iPhone 4よりも1、2cm程度長いです。

DSC01433

Ethernet接続側と、iPhone 4の厚みを比べて見ました。3mmほどアダプタ部が厚いです。

20120820174337

僕の所有するMacBook Air(Mid 2011)に接続してみました。前述したUSBタイプのアダプタよりも幾分かケーブル長が短いため、LANケーブルとの距離によっては注意が必要です。

検証:小さい中に詰まった驚きの性能

早速、このアダプタを使用して、内蔵無線LANと速度の比較をしてみます。僕のインターネット環境はフレッツ光、無線LANルータはB社製品です。

まず、USENスピードテストを使用して、通信速度を比較しました。

スピードテスト | USENの回線速度・通信速度測定

スクリーンショット 2012-08-20 16.25.06
スクリーンショット 2012-08-20 16.26.38

結果は、

・無線LAN:28.806Mbps
・Ethernet Adapter接続有線LAN:75.582Mbps

と、アダプタを使用した場合と未使用の場合で3倍以上の差がありました。

次に、上りの速度を測定出来るBNRスピードテストで、アップロード速度を測定しました。

BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

スクリーンショット 2012-08-20 16.28.30
スクリーンショット 2012-08-20 16.27.48

こちらの結果も、

・無線LAN:30.53Mbps
・Ethernet Adapter接続有線LAN:72.64Mbps

と、二倍以上の差がありました。

自宅に有線LANがあり、外ではiPhoneのテザリングや公衆無線LANを使用するという方で、Thunderbolt搭載Macをお持ちの方は、一つ持っていてもいいかもしれません。

Apple USB Ethernet アダプタ – Apple Store (Japan)
安価でどのMacにも使えるUSBタイプ

Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ – Apple Store (Japan)
高速な速度が得られるThunderdoltタイプ

スポンサーリンク

この記事を書いた人