春の匂いを感じる新宿をカメラ片手に歩く

新宿御苑で撮影した写真

ご覧いただきありがとうございます!主筆のてんび〜(@_tenbi)です。
昨日(2018年3月1日)は気温が20度に届こうかという、春の始まりを告げるかのような快晴でした。

大雪が降ったり、とにかく「寒い」という印象が強かった冬から春へ。こんないい天気の日には出かけるしかない!と、単焦点レンズを付けたカメラ片手に新宿御苑に行ってきました。

桜の咲き始める新宿御苑へ。

電車に揺られ新宿駅に。定期圏内になってもうすぐ1年ということもあって、すっかり迷うことは少なくなりました。

園内には僕と同じように写真を撮りに来た人や散歩に来た人がたくさん。時期的に卒業式も被ってるので、卒業式終わりに来ているんだろうなという人もちらほらと見かけました。

ちょうどこの時期は梅が見頃ということもあって、園内には梅の花がたくさん咲いているスポットも。今回は28mm/F1.8の単焦点レンズを使ったのですが、いい具合に背景ボケが効いていると思いませんか?

新宿御苑で撮影した写真

早朝の大雨が嘘のようないい天気。このくらい快晴だとどんな構図で撮った写真もそれなりに見れるモノになるので僕にとっては非常にありがたいですね。

普段は絶えず人がいる「言の葉の庭」でおなじみのあの場所。今日は誰も人がいなかったので独占できました。

そして日本庭園の一角には桜もちらほらと咲いていました。公式サイトによるとちょうどこの時期はカンザクラや河津桜が見ごろだそうで、撮影タイミング的にはばっちりの時期でした。

コーヒーを飲んで打ち上げ

御苑からの帰り道、近くにある「4/4 SEASONS COFFEE」でラテをお持ち帰り。新宿御苑はアルコール以外であれば飲み物も持ち込めるので、入園前にコーヒーを買って行くのも良さそう。

そうこうしているうちに、新宿はあっという間に夜の光を放っていました。家に帰ってご飯を食べよう。

ふらりと写真を撮りにいこう。

というわけで今回は初春の新宿御苑で写真を撮ってきました。
春休みはフットワーク軽めに色々なところまで足を伸ばせる時期なので、この時期を活かしてふらりと写真を撮りに出かける日を増やして行きたいですね。

▼この日の撮影機材はこちら。

スポンサーリンク

この記事を書いた人