祝成人。気になり始める顔の毛はフィリップス『Nosetrimmer series 5000』で手入れする【PR】

思い返すと、僕が鼻毛を初めて気にしたのは中学2年生の頃。

当時僕はクラス委員的なポジションを勤めていて、事あるごとに前に出てベラベラと喋る機会が多かったのですが、ある時友達から掛けられたのは「お前最近鼻毛出ててダサいぞ!手入れなんて楽だからすぐやっちゃえ」という言葉。

確かに鏡を見てみると、綺麗に鼻の穴から1本毛が飛び出ていてとっても目立つ。これは恥ずかしい…。

その場はなんとか取り繕ったのですが、家に帰ってしっかり確認してみると、飛び出ていた1本以外にもまあ目立つ。そういえば、まだ人生で鼻毛をメンテナンスした事なんてなかった…と、即座にAmazonで鼻毛カッターを購入したのをよく覚えています。

ーーーーーー

あれから6年、大学生になり、ついこの前20歳を迎えた僕が今気になっているのは「顔全体のスタイリング」

鼻毛こそ週に一回はきちんとメンテナンスするようになりましたが、年を取ると薄いながらヒゲもちらほら生えてくるし、眉毛加工が禁止だった高校時代から手入れの知識が成長していないので、なんとなく眉毛も濃い気が…。

今回、ヘルスケア・医療機器を中心に製造販売するフィリップスから、鼻毛・ひげ・眉毛など顔全体をスタイリングできる『Nosetrimmer series 5000 フェイススタイリングキット』を提供してもらえることに。初めて眉毛を自分で手入れしてみた感想や、今まで使用していた鼻毛カッターとの比較なんかを紹介していこうと思います。

フィリップスの鼻毛カッター『Nosetrimmer series 5000』レビュー

フェイススタイリングキットのパッケージ
フェイススタイリングキットのパッケージ

こちらが今回ご提供いただいた、フィリップスの『Nosetrimmer series 5000 フェイススタイリングキット』。

今まで使用していた他社製の鼻毛カッターは刃が回転することによってカットする仕組みだったので、てっきり似たようなモノになっているのかと思っていたのですが、刃の形状は微妙に異なっています。

カラーリングは今回ご提供いただいた『ブラック&ブルー』の1色のみ。

個人的にはブラック一色のモデルがあると、身の回りのモノとの統一感が出て良いなと感じました。

フェイススタイリングキットの付属品一覧

本体以外に付属しているパーツはこのような感じ。本体以外の付属品を説明すると、左上から

  • ヒゲスタイラー
  • クリーニングブラシ
  • 5mmの眉毛用コーム
  • 3mmの眉毛用コーム
  • 3mmのヒゲ用コーム
  • 持ち運び用ポーチ

といった感じ。

今回紹介している『フェイススタイリングキット』は付属品の多さからも分かる通り、鼻毛用トリマーにコームをつけたりトリマーをヒゲ用に付け替えることによって、鼻毛・眉毛・ヒゲ・耳毛・もみあげなど、顔中のあらゆる毛を自由自在に操ることが可能。

価格も2500円ほどとかなりこなれているので、これさえ持っていれば顔のムダ毛を過度に気にしなくても大丈夫そうです。

『Nosetrimmer series 5000』は、バッテリーではなく本体に単三の乾電池を入れて使用するタイプ。本体の上部と下部のマークを合わせれば電池スロットが開くので、付属品の電池を入れれば使えるようになります。

新品の乾電池を入れた際の公称利用時間は約2時間。基本的にこの手のケアは1回にそこまで時間がかからないので、1回5分・毎日使用したとしてだいたい1ヶ月弱はバッテリーが持続する計算。乾電池のコストが気になる人は充電池を用意しておくと良さそうです。

鼻毛と眉毛をケア出来るチューブトリマー

実際に1週間程度使ってみた感想や気になった点は後で詳しく紹介するとして、まずは付属品自体や付属品の使い方などを説明していきます。

購入時に本体に接続されているチューブトリマーは、細長い筐体に鋭い刃を詰め込んだタイプのトリマー。基本的にはこのトリマーで鼻毛や耳毛を処理したり、後述するコームを付けて眉毛のスタイリングをするのが主な使い方になっています。

刃の部分をマクロレンズで撮影してみるとこのような感じ。

トリマー部自体が細く鼻や耳に入れやすい形状になっているだけでなく、オレンジ色のゴム部分が刃よりも若干高くなっているので、刃が直接皮膚に当たって怪我をする心配がないのが良い点。

また動いている刃の中に毛が入り込んでしまわないような作りになっているので、作業中に毛が刃に引っかかって激痛を感じてしまう危険もありません。

コームをつければ眉毛のお手入れも簡単

個人的に今回のセットの中で一番気になったのが『コームを付けて眉毛をカットできる』というところ。

付属している3mmもしくは5mmのコームをチューブトリマーに取り付けることで、眉毛を均一な長さに揃えることができる眉毛カッターに早変わり。詳しい感想はまた後に書いていますが、これだけ簡単に眉毛の手入れができるならもっと早くから入手しておけば良かったなと思うほどです。

ヘッドを付け替えて、ヒゲやもみあげもお手入れ。

もちろんお手入れできるのは鼻毛や耳毛といった細かい毛ばかりではなくて、ヘッドをヒゲスタイラーに取り替えることで、ヒゲやもみあげなどより大きな部位を手入れすることも可能。

ヘッドの交換方法は簡単で、使っているヘッドを右側にひねって外し、交換したいヘッドを逆の手順で取り付けるだけ。乾電池を入れる時と同様、本体とトリマーそれぞれに三角のマークがついているので、それを合わせるようにひねればすぐに交換することができます。

交換するとこのような感じ。僕はヒゲ自体がまだ薄い上ヒゲを伸ばしたり整えたりすることがないので、ヒゲトリマーとして利用するかは微妙。どちらかというともみあげで目立っている毛を処理するなんて用途に使って行こうと思っています。

1週間ほど『Nosetrimmer series 5000』を使ってみた感想

製品を提供いただいてから1週間、以前使用していた鼻毛カッターからこちらに乗り換えて色々と使ってみました。その中で感じた感想としては

  • 眉毛コームを付けて眉毛の手入れをするのが非常に快適
  • 鼻毛カッターはところどころ剃り残しがあるのが気になる
  • 個人的には充電式だとより使い勝手がよかった

といったところ。1つ1つ解説していきます。

眉毛コームを付けて眉毛の手入れをするのが非常に快適

先ほどチラッと紹介したように、チューブトリマーに専用のコームを取り付けることで眉毛のお手入れができるようになるのですが、このお手入れがめちゃくちゃに快適。

眉毛を生えている方向にサッととかし、眉尻から眉頭の方向に向かってゆっくりトリマーを動かすだけで、眉毛のながさを均一に保つことができるんです。眉毛コームは3mmと5mmの2種類が付属しているので、好みによって使い分けることも可能。

20歳になった今までほとんど眉毛を手入れしてこなかった僕からすると、この「撫でるだけで眉毛の手入れがほとんど済む」というのは非常に衝撃的。

これからは1週間〜2週間に1度、眉毛をコームをつけたトリマーでなぞり、太くなった部分は普通のトリマーで剃ってやれば、100点とはいかないまでも70点くらいの眉毛にすることができるので、眉毛の手入れに対する難易度は今回で10段階くらい下がった感じ。

個人的にはこれだけでも購入する価値は十分にあると思います。

鼻毛カッターはところどころ剃り残しがあるのが気になる

今まで回転式の鼻毛カッターを愛用していた僕としては、『Nosetrimmer series 5000』で鼻毛を剃ると少し剃り残しが出てくるのが気になるどころ。

そもそも鼻毛をカットする刃の仕組みが異なるのでひとまとめに話すのは難しいのですが、『Nosetrimmer series 5000』はバリカンのように毛を剃っていく仕組みなので、自分で鏡ごしに鼻を確認して、しっかり毛に当てないと鼻毛の気にならない鼻腔にはならないなと感じました。

ざっくりと両者の特徴を比較すると、

  • 回転式鼻毛カッター: とにかく鼻腔に広がる鼻毛を全てカットする。鼻毛はほぼ0になる
  • Nosetrimmer series 5000: 鼻腔に広がる伸びすぎた鼻毛を均一にする。鼻毛は残るが必要十分な量

といったような感じ。これは1週間とかではなく1ヶ月・2ヶ月と使っていくうちに慣れるとは思いますが、回転式カッターから乗り換えたばかりの頃は気になりそうです。

個人的には充電式だとより使い勝手がよかった

これは『Nosetrimmer series 5000』に限らず多くの鼻毛カッターに言えることだと思うのですが、普段microUSBやLightningケーブルなどを使って充電されたデバイスを多く使っている身としては、今どき電池を使わないと電源が入らないのは少し残念。

もちろん、電池なんかAmazonで買うまでもなくコンビニに行けば入手出来るものなのですが、使い切り乾電池を使う場合は余計にコストもかかるし、やっぱり手元に充電環境が揃っているんだから、使わないときにサッと充電しておいて半永続的に使用できる方が使い勝手は高い。

こういった製品は水回りで使うことも多いので、すぐに内蔵バッテリー式に切り替えるのは難しいかもしれませんが、将来的に切り替わってくれると喜ぶ人も多いんじゃないかなと思います。

まとめ

今回はフィリップスにご提供いただいた『Nosetrimmer series 5000 フェイススタイリングキット』を紹介しました。

つい最近まで回転式の鼻毛カッターを使用していた僕としては、使い始めの鼻毛の仕上がりこそ若干気になりましたが、鼻毛の切れ味や眉毛を簡単に整えられるコームなど、使って驚くことも多く最高に気に入りました。鼻毛の仕上がりも使っていくうちに気にならなくなってくるはずなので、そうなると手軽に使えて、かつ多機能なこの製品は自分史上最高のフェイスケア製品になりそう。

『Nosetrimmer series 5000 フェイススタイリングキット』は、豊富な付属品によって鼻毛・眉毛・ヒゲ・耳毛・もみあげと多部位をお手入れ出来て、値段は2500円程度。回転式鼻毛カッターを買うお金に少し足すだけで、一気に高機能・多機能化してしまうから驚きです。

「快適に鼻毛が剃れるカッターが欲しい」という人だけでなく「眉毛のお手入れを簡単にしたい」「ヒゲやもみあげの長さを一定に保ちたい」という人など、顔の毛に関するあらゆる悩みを持っている人にオススメの製品です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人