目立たない安心感。iPhone XSの画面保護にはOAprodaの全面保護ガラスがおすすめ

少し前に公開した『iPhone XS開封レビュー。新色ゴールドは上品で所有欲を湧き立たせる』という記事でも紹介した通り、本日発売されたiPhone XSを購入しました。

今回からは1年ごとに最新機種に乗り換えようと思っていて、今までつけていた保証サービス「AppleCare+」を付けなかったのですが、画面割れの修理費用が3万円オーバーという話で、ケースなどを付けずに運用するのは少し厳しいかなと感じています。

そういうこともあって保護ガラスの検討をしていたのですが、「せっかくiPhone XSで全面ディスプレイになったんだし、全面保護タイプのガラスにしよう」と探していたところ、OAprodaというメーカーが販売している保護ガラスが良さそうだったので買ってみました。

□良い点

  • iPhone XSの前面をほぼ全てカバーしてくれる
  • 貼り付けのガイドとなるフレームがついていて貼りやすい

■気になった点

  • 滑りがあまりよくない

手軽に購入できるOAprodaの全面保護ガラスをレビュー

こちらが今回購入したOAprodaの全面保護ガラス。付属品は保護ガラスのモノとしては標準的で、アルコールクリーナー・クロス・ごみ取りシール・貼り付けガイド・貼り付け用フレームとなっています。

貼り付けガイド通りに手順を行えばほぼ完璧な位置に貼ることが可能です。

まずはアルコールクリーナーとクロスで画面を綺麗に。ホコリなどはごみ取りシールで都度取り除いていきます。

付属品となっている黒いフレームをiPhone XSに装着。このフレームに合わせてガラスを貼り付けると、位置ズレが起きることなく正しい位置に貼り付けができるという仕組み。

ホームボタンが無くなったiPhone X以降は、貼り付けの時に目印になるものがなくなってしまったので、こうしてフレームによって完璧に貼り付けできるのは親切だと感じます。

貼り付けたら内部に気泡が溜まらないように外へと押し出します。クレジットカードといった硬めのカードを使うと効果的です。

目立たないけど、守られている

貼り付けてから小一時間iPhoneを操作していますが、触り心地としては本体画面に施されているコーティングほど滑りはよくなく、一般的な保護ガラスとおおよそ同じような感じ。

ただし、ほとんどのiPhone X・XS向け保護ガラスがノッチ部分をガードしていないのに対し、今回購入したOAproda製保護ガラスはノッチまでをしっかりと保護してくれています。そのため、一見すると何も付けていないかのように感じる一体感があり、特に違和感なく操作することが可能です。

価格も執筆時現在で1299円と非常に安いので、しばらくはこの保護ガラスをメインに使っていこうと思います。

▼ iPhone XSの開封レビューはこちら。

スポンサーリンク

この記事を書いた人