iPhone 11シリーズで既読回避ができないLINE、将来的に「長押し」で対応できるようにアップデートへ

最新モデルの『iPhone 11』シリーズや昨年の『iPhone XR』で3D Touchが廃止となったことで、一部のユーザーを中心に愛用されてきた「画面ちょい押しでの既読回避」が出来なくなってしまったLINEですが、将来的なアップデートで新たな既読回避方法を実装するようです。

画面長押しで既読回避ができるように

LINEでは3D Touchをトーク画面で使うことで、既読をつけることなくメッセージの内容を確認できることから同機能は人気でしたが、3D Touch機能の廃止によって既読回避機能も使えなくなってしまったため、一部のユーザーを中心に波紋が広まっていました。

そんなLINEですが、Engadget日本版によると将来的なアップデートで「画面長押しでの既読回避(トーク確認)」が出来るように準備を進めているとのこと。

先日発表された『iPhone 11』シリーズや『iPhone XR』では、3D Touchに変わり「触覚タッチ」 機能が搭載されていますが、恐らく触覚タッチを利用して動作させるように変わるのではないかと予想できます。

実際に僕も3D Touchを買いした既読回避をよく使っていたので、3D Touchが廃止となってしまった後もアプリ側のアップデートで同機能が利用できるのは非常に嬉しいところ。アップデートが待ち遠しいですね。

母数は少ないでしょうが、LINEの既読回避のために機種変更を渋っていた方もこれを機に機種変更を考える人も多いはず。機種変更の予約は以下のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人