シックな緑がかっこいい!『iPhone 11 Pro Max』ミッドナイトグリーン外観レビュー

先日発売された『iPhone 11』シリーズですが、外観レビューでも紹介したiPhone 11のほかに『iPhone 11 Pro Max』の新色・ミッドナイトグリーンも購入してみました。

2機種を使い比べた感想や詳細なレビューは後々まとめていくとして、今回もフォトレビューを中心に紹介してきます。

新色のミッドナイトグリーンはかっこよかった…

今回購入したのは『iPhone 11 Pro Max』でカラーは新色のミッドナイトグリーン。

一見すると既存色のスペースグレーと変わらない印象ですが、光に照らしてみると暗めの緑色が出てくるようなカラーリングになっていて、なかなか所有欲が満たされます。

写真には写っていませんが、今回のProモデルから付属品の充電器が5Wから18WのUSB PD対応のモノに変わりました。30分で50%近く充電できるようになったのでめちゃくちゃありがたいですね。

以前はiPhone XSを使用していたのでサイズ感の違いが懸念材料でしたが、数日使っていたらすぐに慣れてしまい、すっかり元のサイズに戻れなくなってしまいました。

iOS 11から「クイックスタート」機能が提供されるようになり、WiFi設定などが簡単に転送できるようになったので最高です。

「タピオカカメラ」と話題になっているカメラ部分はこんな感じ。意識しなければそこまで気にはならないですよ。

Maxと比較すると小さいiPhone 11 Pro、iPhone 11のグリーン、iPhone XSのゴールドを並べてみました。こう見ると「グリーン」とはいえかなり黒に近いなぁと感じますね。

パープルも追加してみました。画像内のデバイスだけでどれだけ経済が回っているんでしょうね(考えたくない!)。

今回発売された3モデル(11・11 Pro・11 Pro Max)を集合させてみるとこんな感じ。望遠レンズが搭載されているのはProモデルですが、カメラ部分の見た目だけを考慮するとiPhone 11の方がスッキリしていると思います。

今年のメインモデルは『Pro Max』で決まり

なんだかんだ新色が良いよなあと思ってミッドナイトグリーンを購入したのですが、発表当初に抱いていたイメージよりもかっこいい本体が手元に来たので満足度はかなり高め。

先日購入したiPhone 11と合わせて数日間使ってみましたが、「Pro」モデルのパワーと大画面に魅了されてしまい、今年は『iPhone 11 Pro Max』をメインで使っていこうかなと思っています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人