ガジェットTouch!

USB Type-C端子からApple Watchを充電できる、SatechiのMFi取得済み充電ドックをチェック

Apple Watchは独自規格を採用していて、専用USBケーブルを使うか専用端子のついたモバイルバッテリーを使って充電する必要があります。このブログでも以前Belkinから発売されているApple Watch専用バッテリーを紹介しましたが、できればモバイルバッテリーは1つにしたいしモノも少なくしたい。

そう思っていたところ、Apple製品の関連アクセサリーを販売するSatechiからUSB Type-CポートからApple Watchを充電できる充電ドックが発売されたので、早速買ってみました。

USB-Cから直接Apple Watchを充電できるSatechiの充電ドックをチェック

こちらが今回購入した『Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック』。Amazon等で流通している多くの充電器と異なり「Made For Apple Watch」というApple認定のアクセサリーとなっているため、Apple Watchのアップデート等で使えなくなってしまう心配がなく信頼性が高いの特徴です。

USB Type-Cポートに接続することでApple Watchを充電できるようになる、というのがこの製品の役割。作り自体は単純なものですが、ずっとこれが欲しかった…。

直接充電ドックをUSB Type-Cポートに接続することで他の端子が使えなかったり、そもそもスキマ的に接続できない場合のために、12cmの延長ケーブルが別売りで発売されています。


内部規格的にはUSB 2.0とのことなので、一般的なUSB延長ケーブルのように外付けSSD等でのデータ転送用途で使うのは難しいかも。

ケーブルはこんな感じ。平面型のケーブルで取り回しは大変ではありませんでした。

一般的なモバイルバッテリーから充電できるのは便利

簡単に製品たちの外観や特徴を紹介したところで、早速SatechiのApple Watch充電ドックを使っていきます。

自宅では純正ケーブルを使って充電することが想定されるので、利用パターンとして最も多いであろうモバイルバッテリーでの充電を試してみました。

『cheero Power Plus 5』のUSB Type-Cポートに充電ドックを接続した様子。上記のように充電ドックを接続したことで他のポートが埋まってしまう場合は、先ほど紹介した延長ケーブルを使いましょう。

延長ケーブルを使って接続するとこんな感じ。これなら他のポート(USB Type-A)が使えなくなってしまう心配もないですね。

実際にApple Watchを接続してみましたが、純正ケーブルや認証取得済み充電器と変わらないスピードで充電できました。純正ケーブルのようにケーブルで煩わしさを感じることもないので快適です。

USB Type-Cポートがあれば充電できてしまうので、MacBook ProなどのパソコンはもちろんiPad ProからApple Watchを充電することも可能です。

そもそもiPad Proはバッテリー容量が多くモバイルバッテリー的に使うことも出来てしまうので、充電ドックと組み合わせればApple Watchを長期間使うことも不可能ではないでしょう。

まとめ

こんな感じで、今回はSatechiから発売されたUSB Type-C端子からApple Watchを充電できる『Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック』を紹介しました。

Apple純正の高価なケーブルを使わなくとも、手持ちのUSB Type-C充電器やPC・タブレットのUSB Type-CポートからApple Watchを充電できるのはかなり便利で快適。

専用のモバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなるほか、ケーブルで充電している際のケーブルの煩わしさからも解放されるので、Apple Watchを使っている人はぜひチェックしてほしい製品です。

価格はAmazonで4,399円。好評なのか現在在庫切れ中ですが「2月20日ごろ再入荷予定」とのことなので、近日中にも在庫は復活するはず。狙っている人は「ほしいものリスト」等に入れておきましょう。