ガジェットTouch!

ブルーの色味がたまらない『Galaxy S20 5G SC-51A』のクラウドブルーを写真でチェック!

先日発売された5G対応のスマートフォン『Galaxy S20 5G』ですが、本日ドコモ版の『Galaxy S20 5G SC-51A』を購入してきたので、早速外観のレビューをまとめていきます。

光沢感ある青色が美しい「Cloud Blue」モデルをチェック

こちらが今回購入した『Galaxy S20 5G SC-51A』。カラーは当初「Cloud White」にしようと思っていたのですが、発売前に展示されていた実機の色味があまり想像通りでなかったため「Cloud Blue」モデルを購入しました。

標準・広角・望遠の3カメラが搭載されているカメラ部分。本体から少し突出しているため、保護するにはケースの装着が必要そう。

実際に本体に付属しているクリアケースを装着してみるとこんな感じ。カメラ部分がケースで保護されるので、こちらの方が安心ですね。

個人的には「docomo 5G」のロゴは少し大きくて邪魔だな…と感じてしまいます。

実際に画面を点けたところはこんな感じ。ベゼルが非常に薄い約6.2インチの有機ELを採用しているため、スマホ本体を持った時の「画面を持っている」感が予想以上にすごいです。

先代の『Galaxy S10』シリーズでは画面右上に搭載されていたフロントカメラは、今作では中央上部に移動。個人的にはそこまで気にはなりませんでした。

音量調整ボタン・電源ボタンは本体の右側に集約されていて、左側はボタンのないシンプルな仕上がり。

下部はマイク・スピーカー・USB Type-Cポートが並んでいます。例によって3.5mmオーディオジャックは搭載されていません。

想像以上の質感で満足出来る1台

本日午前に受け取ってから約半日ほど使っていますが、実機モックで感じていた以上に質感もよく、使っていても十分納得できる出来だなと感じます。

今回国内向けモデルに展開されているカラーは「Cosmic Gray」「Cloud White」「Cloud Blue」の3色ですが、個人的には裏面の加工とカラーのマッチ度が高い「Cloud Blue」がおすすめ。

発売から1週間ほど経過していますが、オンラインショップでは「在庫あり」表記があるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

docomoオンラインショップで購入する
auオンラインショップで購入する