ガジェットTouch!

AirPods Pro用イヤーピースの決定版!コンプライのAirPods Pro向けイヤーピースをレビュー

ノイズキャンセリング性能が高いAirPods Proですが、サードパーティーから発売されているイヤーピースを使うことで遮音性をさらに改善することが可能です。実際このブログでも、社外品の低反発ウレタン製イヤーピースを使ってみた様子を紹介しています。

AirPods Pro用のウレタンイヤーピースはかなり需要があるようでこのブログでも上の記事はよくアクセスされているのですが、先日ウレタンイヤーピースの元祖ともいえるコンプライ社からAirPods Pro向けの製品が登場しました。

発表直後に注文をしてから2ヶ月ほど待ったのですが、ようやく手元に届いたので早速使ってみた感想を紹介します。

コンプライのAirPods Pro用イヤーピース

こちらが今回購入したコンプライの『Comply Foam Tips Compatible with AirPods Pro』。S/M/Lの3サイズが展開されていますが、今回はサイズ感が分からなかったので全てのサイズが1ペアずつ入ったセットを2つ購入しました。

記事を書いている6月22日現在は日本での取り扱いはないので、公式サイトから購入する必要があります。注文が殺到しているようで注文から配達までは3週間前後かかるとのことですが、国内発送にも対応しているので一番早いはず。

こちらがそれぞれのサイズを手に取ってみたところ。さすがにちょっと分かりにくいですが、サイズはAirPods Proに同梱されていたシリコンイヤーピースと同等です。

以前に紹介したサードパーティーのウレタンイヤーピースはダストカバー等がついていなかったのですが、コンプライのモノはしっかりと付いていてイヤーピース自体の成形もしっかりしています。

実際にAirPods Proに装着してみた様子がこんな感じ。以前に紹介したイヤーピースと同様、使っている途中にイヤーピースが外れてしまうようなことはありませんでした。

低反発ウレタン製ということで、指先でギュッと押し込むと小さくなります。この状態で耳の中に挿入することで耳の穴にフィットするように膨らむというわけです。

このイヤーピースを装着した状態でPerfumeなどの楽曲を視聴しましたが、以前紹介したイヤーピースよりもしっかり耳にフィットしていて心地よく、遮音性も向上しているように感じます。

以前紹介したイヤーピースに限らず、サードパーティー製イヤーピースの大半は「低反発ウレタン」と謳いながら反発力がそこまで強くない(耳にフィットしにくい)ため、コンプライ製イヤーピースのフィット感は流石だなと実感します。

先ほども書いたとおりイヤーピースのサイズはAirPods Pro付属のモノとほぼ変わらないため、イヤーピースを着けたままケースに収納することが可能。使い心地の良さを損なうことがないのですごく良いです。

ただし僕の環境では、Lサイズのイヤーピースを着けた状態で収納した場合にイヤホンが充電できない場合がありました。心配な人は収納する前に一度イヤーピースを潰しておくと良いかもしれません。

まとめ

こんな感じで、今回はコンプライから発売されたAirPods Pro向けイヤーピース『Comply Foam Tips Compatible with AirPods Pro』を紹介しました。

これまでAirPods Proには純正イヤーピースを改造したモノやサードパーティー製イヤーピースなど色々なモノを試してきましたが、やっと「これで間違いない!」といえるような製品が出てきた印象。

現在は配送まで時間がかかる・英語サイトから注文する必要があると少し購入までハードルが高いですが、近いうちに日本でも入手できるようになるのではないでしょうか。気になる人は是非チェックして見てください。