ガジェットTouch!

AirPods Proのイヤーピースとして最適な、ウレタンフォーム内蔵『Symbio Eartips』をレビュー

強力なノイズキャンセリング能力が魅力的な『AirPods Pro』ですが、イヤーチップの形が独特ということもあり耳にフィットしない!という人もいるのではないでしょうか。

このブログでは、過去に純正イヤーピースに社外品パーツを取り付けて密着度を上げるDIYや、サードパーティー製のイヤーピース、鳴り物入りで発売されたコンプライ社のイヤーピースなど、AirPods Proのイヤーピースを色々レビューしてきましたが、どれも「これがベスト!」というようなチョイスに辿り着けていませんでした。

そんな中、以前DIYレビューで紹介した『Symbio Eartips』のAirPods Pro対応版をAmazonで見つけたので試してみたところ、着け心地や遮音性などがかなり向上していて個人的にベストだと感じたので、今回はそれについて紹介していきます。

高い遮音性が特徴的なSymbio Eartips

こちらが今回紹介する『Symbio Eartips』のAirPods Pro対応バージョン。

もともとは一般的なイヤホンに装着するイヤーピースを多数販売していて、「イヤーピース内部にあるウレタンフォームをAirPods Pro付属のイヤーピースに装着することでイヤーピースの装着感が向上する」というお手軽DIYが知られるようになって以来、AirPods Proユーザーからも注目を浴びるようになりました。

このDIYの様子は過去にこのブログでも紹介していて、手間こそかかるものの装着感と遮音性がしっかり向上するということでかなり気に入っていました。

今回の製品はこうしたDIYをせずとも遮音性が向上するように、ウレタンフォームをあらかじめ備えたイヤーピースを新たに販売した、というような感じです。

こちらがイヤーピース本体。純正イヤーピースと同様に白を中心にしたデザインで、サイズも純正品と同様S・M・Lの3サイズ構成になっています。

基本的には各サイズ2ペアの単品販売を購入することになりますが、ぴったりのサイズが分からない人のために、各サイズ1ペアずつがセットになっているお試しバージョンも販売中。僕の場合は左右の耳で最適なサイズが異なるので、S・M・Lがセットになっているタイプを購入しました。

イヤーピースの裏側を見てみるとこのような感じで、オレンジのウレタンフォームがイヤーピースに備わっていることがわかります。

上は純正イヤーピースにウレタンフォームを装着するDIYの過程で撮影した写真ですが、このDIYで行ったことをそのまま製品として販売したような感じですね。

Symbio EartipsのイヤーピースをAirPods Proに装着してみたところ。以前のDIYではオレンジのウレタンフォームがイヤーピースから若干はみ出ていたのですが、今回はジャストフィットしています。

純正イヤーピースとサイズ感が変わらないので、イヤーピースを装着したままでもAirPods Proの充電ケースに収納可能でした。

低反発イヤーピースよりも装着感良好。個人的ベストなイヤーピース

イヤーピースを交換してから外出先や自宅などでしばらく使ってみましたが、遮音性については明らかに分かるレベルで向上したなと感じます。

もともと色々なイヤーピースを使ってきた中で純正イヤーピースが耳に合ったときの遮音性は高いなと思っていましたが、純正イヤーピースは耳に合わないことのほうが多くサードパーティー製品を使わざるを得ない状況でした。

そんな中純正イヤーピースとほぼ同じサイズ感ながらもウレタンフォームを内蔵したことで、多少のサイズのズレであれば気にせずとも使えるようになったこの製品は個人的には大当たり。長時間着けていても耳が痛くなってしまうようなこともないので、非常に快適に使えています。

低反発イヤーピースや体温で形状が変化するイヤーピースが3,000円前後で販売されている中、今回紹介したSymbio Eartipsはサイズ単体販売で1,760円各サイズ1ペアセットが2,300円前後で入手可能。

比較的安価にAirPods Proの装着感と音質を向上させることができるので、僕と同じようなポイントで悩んでいた人はぜひ参考にしてみてください。

これまで使用してきたAirPods Pro用のイヤーピースについては、それぞれブログ記事にまとめているので合わせて参考にどうぞ。