ガジェットTouch!

FUJIFILM『XF35mmF1.4 R』レビュー。迷ったときに頼りになる小型・高解像度の単焦点レンズ

2019年の6月に購入して以来、サブ機として色々なところに連れ出したFUJIFILMの『X-T30』。

FUJIFILMでも複数のレンズを使っていましたが、その中でも使用頻度が最も高かったのが、今回紹介する『XF35mmF1.4 R』というレンズ。フルサイズ換算50mmという画角とF1.4という明るさを両立させた単焦点レンズです。

今回はそんな『XF35mmF1.4 R』を実際に長期間使ってみたレビューを紹介していきます。

『XF35mmF1.4 R』について

今回紹介する『XF35mmF1.4 R』は、2012年2月から長きに渡って発売されている焦点距離35mm(フルサイズ換算50mm相当)のFUJIFILM Xマウント用単焦点レンズ。

発売年からなんとなく想像が付きますが、このレンズはFUJIFILMがミラーレス一眼をリリースしたときに同時に発売されたレンズで、発売から8年経った現在もアップデートなどは行われないまま多くの人に使用されている一本。

35mmの単焦点レンズとしては、このほかにも開放F2で防滴防塵に対応した『XF35mmF2 R WR』、XF35mmF2と同一のレンズ構造で防滴防塵非対応・プラ筐体になった『XC35mmF2』がラインナップされていて、使用環境や求める写りによって好きなモノを選べるようになっています。このあたりはライカのズミクロン・ズミルックスの関係性に近いかもしれませんね。

『XF35mmF1.4 R』のスペック

レンズ構成 6群8枚
絞り枚数 7枚
開放絞り F1.4
最小絞り F16
手ブレ補正 非搭載
最短撮影距離 0.28m
最大径×全長 65.0mm × 50.4mm
フィルター径 52mm
重量 187g

主要スペックはこのような感じ。レンズ内手ブレ補正は搭載されていないため『X-T4』『X-H1』以外のボディと組み合わせた場合手振れが発生しやすくなってしまう点には注意が必要です。

このほかフォーカス方式が全群繰り出し方式のため、一部のボディと組み合わせるとフォーカス速度が若干気になる場合もあるでしょう。僕は『X-T30』に装着して使用していましたが、実用面でフォーカスの遅さが気になるようなことはありませんでした。

X-T30に装着してみた様子

手持ちのXマウント採用カメラ『X-T30』に装着した様子。この組み合わせであればフォーカス速度も早く快適で、ボディのコンパクトさも相まってコンパクトデジカメのように使うことができました。

撮って出しの作例

さて、ここからは実際に『XF35mmF1.4 R』で撮影した作例を紹介していきます。まずはカメラ本体のフィルムシミュレーションのみを適用させた「撮って出し」から。

X-T30とこのレンズを購入した翌日に撮影した写真。彩度は高いけどそこまでうるさくならない色になる点にびっくりしたことを覚えています。

開放で撮影したのですが、フォーカスがあたっている部分の解像度はかなり高め。X-T30との組み合わせでは フォーカススピードも早いので撮影が快適です。

フィルムシミュレーションを当ててみるとこんな感じ。

水滴もしっかり描写できていて良い写真。

個人的に使っていて、このレンズはシチュエーションによって写りが変わるなあと感じました。こんなふうに周辺光量が落ちるような描写になったりもします。

一方でこんな風にこってりとした描写になる時も。

フルサイズ換算50mmは個人的に最も扱いやすい画角なので、気軽に撮れて楽しい。

現像後の作例

続いて、フィルムシミュレーションを適用させて撮影したJPEGもしくはRAWを、Lightroomなどで現像した写真の作例をどうぞ。

程よくボケて、程よくキレる写りがたまらないんですよ。

購入して2週間位撮っていたなかで一番ゾクッとした写真。前ボケ、背景ボケ、ピントの合っている部分のキレ、全部すごい。

クラシックネガを使っても楽しいことこの上ない。

X-T30で撮影した写真の中で一番好みの写真かもしれない。

これはレンズというよりセンサー側のメリットかもしれませんが、JPEGでもある程度シャドウの持ち上げに耐えるんですよね。だから夜景の現像も楽しい。

キレとボケの良さを両立させた本当に良いレンズ…。

まとめ

こんな感じで、今回は長い間X-T30のお供として使っていた単焦点レンズ『XF35mmF1.4 R』について軽くレビューを書いてみました。

換算35mmか50mmのどちらが好みかは人によってそれぞれと言いますが、僕にとっては圧倒的に換算50mmが好み。FUJIFILMの単焦点レンズ(F1.4ライン)はAPS-Cマウントの中では中々高価ですが、その値段にしっかりと応えてくれるレンズだなと感じました。

価格の面からどうしても『XF35mmF2 R WR』『XC35mmF2』を選ぶ人が多くなりがちですが、FUJI FILM Xマウントで初めての単焦点レンズを検討している人にはぜひおすすめしたい一品です。