ガジェットTouch!

フォクトレンダー『NOKTON classic 35mm F1.4』レビュー。Eマウント向け単焦点では超お気に入りな一本

メインカメラにα7R IIIを使っているのですが、ちょっとしたスナップで使えるレンズを持っていなくて少し困っていました。

いいレンズないかな~と思って色々探してみて今回選んだのが、コシナから発売されているフォクトレンダー『NOKTON classic 35mm F1.4』という単焦点レンズ。

マニュアルフォーカス専用レンズですが、Eマウント対応・電子接点つきで扱いやすく、写りも大満足だったので紹介していきます。

『NOKTON classic 35mm F1.4』の外観やスペック

こちらが今回紹介する『NOKTON classic 35mm F1.4』。同名レンズにはライカMマウント用もラインナップされていて、MマウントレンズをAF対応させるマウントアダプターを使えばオートフォーカスで撮影できるのですが、今回はEマウント用を選択しました。

Eマウント用レンズは

  • 手ブレ補正に対応する
  • 電子接点付きで補正データ等が写真に反映される

という点がMマウント用と違っていて、個人的にはAFより上2点のほうが重要だったんですよね。

もちろん、Mマウント用レンズのほうが他社製カメラとの相性も良いので、複数メーカーのカメラでレンズを使いまわしたい人はこちらでもいいかもしれません。

レンズ重量は262gとフルサイズ用単焦点レンズの中でも比較的軽め。本体は金属製で個人的にはかなり高級感を感じます。

レンズをα7R IIIに装着してみたところ。本体・レンズともにコンパクトなので、装着してもしっかりまとまっている印象。

上から見るとこんな感じです。まさに「お散歩レンズ」と言わんばかりの一体感があります。

『NOKTON classic 35mm F1.4』のスペック

レンズ構成 6群8枚
絞り枚数 10枚
開放絞り F1.4
最小絞り F16
手ブレ補正 非搭載
最短撮影距離 0.3m
最大径×全長 67.0mm × 39.6mm
フィルター径 58mm
重量 262g

『NOKTON classic 35mm F1.4』の主なスペックはこんな感じ。レンズ自体には手ブレ補正機構はついていませんが、手ブレ補正搭載ボディと組み合わせることでボディ側の手ブレ補正を使うことが出来ます。

フィルター径は58mmと単焦点レンズとしては標準的なサイズでしょう。

撮って出し

さて、ここからは実際に『NOKTON classic 35mm F1.4』で撮影した作例を紹介していきます。まずはRAWファイルをそのままJPEGで書き出した「撮って出し」から。

手元に届いた翌日に撮影した写真。αで撮影した写真ってしっかり色が残る印象があったのですが、『NOKTON classic 35mm F1.4』を装着して撮影すると少し淡い描写になります。

開放F1.4で撮影すると周辺部はかなり滲みます。ピント面もかなり薄いので、開放で撮影するのは至難の業かも。

一方で、2~3段絞ると一気にキレが増すのもこのレンズの特徴。上の写真はF2で撮影しているのですが、滲みもなくしっかり撮れていますね。ちょっとだけ周辺減光が気になるかな…。

夕暮れ時の海沿いで撮影した1枚。Eマウントに装着している電子接点付きレンズのはずなのに、描写がすごくクラシカル。このギャップがたまらん。

やはり他のレンズと比べてもちょっと淡い色味になっている印象があります。

しっかり絞ってあげると全体的にシャープな写真が撮れます。

逆光耐性も申し分なし。

マニュアルフォーカスではあるんですが、ピントリングの滑らかさに加えピーキング表示にも対応しているため、使っていて不便さを感じることはありません。

現像後

続いてRAWをLightroomなどで現像した写真の作例をどうぞ。

傘にピントを合わせた一枚。下の方に写っている通行人の方が綺麗にボケているんですよね…。僕個人がよくやる現像のテイストとも合っていて使いやすい。

ディズニーシーに行った時の写真から。移動しながらの撮影でも軽く絞っておけばピント面が多少厚くなるので、かなりピントが合わせやすかったです。

ゴンドラのお兄さんもマスクを着けるこのご時世…。

個人的にお気に入りの写真その1。フォーカスもしっかり合っていて色味もかなり満足のいくものに出来ました。いや本当に使いやすい…。

F1.4と大口径なので夜の撮影も3段絞るくらいなら問題なし。今まで単焦点レンズは50mmばっかり使っていたのですが、35mmがあると縦で広角に撮れるので構図の幅がかなり広がりますね。

この日は『NOKTON classic 35mm F1.4』と『Batis 2.8/135』の2本を使っていたのですが、35mmの写りが好みすぎてずっと使っていましたね。

まとめ: スナップに最適な撮っていて楽しい単焦点レンズ

こんな感じで、今回はコシナから発売されている単焦点レンズ、フォクトレンダー『NOKTON classic 35mm F1.4』を紹介しました。

コシナ好きの友人に勧められて購入したレンズだったのですが、ピントリングの心地よさ、ボディとレンズの一体感、そしてもちろん写りと、すっかり気に入ったレンズになってしまいました。

マニュアルフォーカスのレンズということで使う人は選ぶかもしれませんが、ハマった時の使いやすさと写りの良さはかなり沼の深さを感じるところ。

価格は6万円台とMFレンズにしては高価ですが、間違いなくEマウントレンズの中で上位に食い込む銘玉です。