ガジェットTouch!

MagSafeにこだわらないなら最適な、デザイン性に優れたiPhoneケース『フロストプロ』レビュー【PR】

純正レザーケースを購入したり、薄さ0.3mmのケースを使ってみたりとケース選びに迷っているiPhone 12 Pro Max。

今回は見た目もよく耐衝撃性にも優れた、CASEFINITEの『フロストプロ』をメーカーより提供していただいたので紹介していきます。

この製品はCASEFINITEよりレビュー用にご提供いただきました。

持ちやすく質感も良い『フロストプロ』

今回の記事で紹介する『フロストプロ』はCASEFINITEが販売する高品質なiPhoneケース。半透明な筐体が特徴で、側面はTPUのような柔らかい素材・背面はポリカーボネートで構成されています。

2019年に日本に参入したブランドですが、ケースの品質も高く、このブログでも過去にiPhone 11 Pro Max用のフロストプロをレビューしています。

実際にiPhone 12 Pro Maxを装着してみるとこのような感じ。

『フロストプロ』は半透明なカラー1色展開なため、どのカラーバリエーションでも本体カラーを活かした見た目にすることができますが、個人的にはシルバー・ゴールドといった白系カラーとの相性がすごく高いように感じます。

背面が擦りガラス調デザインになっているので、iPhone 12 Proシリーズとは特にマッチする印象です。

ボリューム・サイドボタン・ミュートスイッチ部分はケースに覆われていますが、ケース越しでもボタンが押しやすいような加工がされています。使っていて押しにくさを感じることも特にありませんでした。

底面はこんな感じで、マイク・スピーカー部は穴が空いているだけでなく、iPhone 11 Pro Max用ケースにもあったように画面側にも音が出るようなデザインになっています。

Lightningポート部分もしっかり穴が空いていて、純正・サードパーティー製いずれもケーブルも問題なく接続することができました。

カメラ周り。iPhone 12 Pro Maxはカメラの出っ張りが他モデルと比較すると大きくなっていますが、それらもしっかり保護されています。カメラ側をデスク等に置いても直接触れないようになっているため不意に傷がつく心配もなさそうです。

iPhone 12シリーズから導入された磁力接続規格「MagSafe」にも対応していて、上の画像のようにMagSafe充電器を使って高速ワイヤレス充電を行うこともできます。

ただしケース背面部の厚みがそれなりにあるため、ケース無し・MagSafe対応ケース装着時と比較すると固定力は弱まる印象。ちょっとした衝撃でも外れてしまうので、常用には向かないかもしれません。

以前紹介したMagSafe対応のモバイルバッテリーを装着してみました。こちらもMagSafe充電と同様外れやすいので、MagSafeアクセサリーは全般的に常用しにくいかもしれません。

MagSafeにこだわらないなら最高のiPhoneケース

しばらくフロストプロを使ってみましたが、iPhone 11 Pro Max向けケースの時に感じていた質感の高さ・使い勝手の良さは変わらず非常に満足しています。

唯一iPhone 12シリーズの特徴でもあるMagSafe対応(主に固定強度)に関しては不満が残る部分もありますが、耐衝撃性を考えるとケースの厚みは不可欠なため「MagSafe充電はできる」だけでも納得は出来るなと思います。

ラインナップは今回紹介したiPhone 12 Pro Max用だけでなく、iPhone 12 mini・iPhone 12 / 12 Pro・iPhone SE用など各世代向けに用意されていて、価格は4,000円前後。

個人的にはMagSafeにこだわりがない人にとっては使い勝手・耐衝撃性ともに非常に良いケースだと思うので、気になる人はぜひチェックしてみてください。