ガジェットTouch!

Apple純正MagSafe充電器をスタイリッシュに使える、STOUCHIのMagSafeスタンドをレビュー

自宅でiPhoneを充電する時はワイヤレス充電をメインで使っている僕。

これまでデスクではBelkinから発売されている3-in-1タイプのMagSafe充電器、寝室ではNOMADのワイヤレス充電器を使っていたのですが、ワイヤレス充電器はマグネットで固定されないため、枕元でiPhoneを充電してもいつの間にか位置がずれてしまい充電できていないことがありました。

MagSafeを搭載しているiPhone 12 Pro Maxを使っているのだから、既存のMagSafe充電ケーブルを活かしてしっかり固定できるスタンドが欲しい!と色々探してみたところ、STOUCHIというメーカーから発売されている充電スタンドが良さそうだったので買ってみました。

ずっしりとした重みのあるスタンドにMagSafe充電器を装着するタイプで、寝ている時の衝撃でズレることもない強力なスタンドだったので紹介していきます。

ズレない重みが魅力的なSTOUCHIのMagSafeスタンドをレビュー

こちらが今回紹介していくSTOUCHIのMagSafe充電スタンド。Amazonでは大体2,000円前後で購入できます。

充電スタンド以外の付属品はなし。MagSafe充電ケーブルを固定するジェル素材が付いているので、使用前にフィルムを剥がしておきましょう。

なおMagSafe充電ケーブルは同梱されていないため、別途Appleから発売されている純正のMagSafe充電ケーブルが必要です。

底面はこんな感じで、デスクなどに固定できる吸着質のジェル素材が付いています。購入時はフィルムが貼られているので使用時に剥がす必要がありますね。

純正のMagSafeケーブルをスタンドに取り付けていきます。取り付け方法は簡単で、USB Type-Cケーブル側からスタンドの穴に差し込み、MagSafe端子をジェル素材に貼り付けて固定するだけ。

充電ケーブルを固定するとこんな感じになります。

スタンド本体は安価な製品に良くありがちな「アルミ風塗装」ではなく本物のアルミを採用しているため、見た目の高級感はそれっぽい製品と比べると段違い。本物の金属なので重みもずっしりしていて、ジェル素材で貼り付けてしまえばそうそう位置がズレることはなさそうです。

MagSafe端子の周辺はゴムで覆われているので、純正の端子部分にiPhoneが当たって傷ついてしまうこともなさそうですね。

iPhoneが浮いているようなデザインでスタイリッシュ

充電ケーブルを取り付けたところで、早速Apple純正レザーケースを装着しているiPhone 12 Pro Maxをセットしてみました。一般的なワイヤレス充電器と違いマグネットでiPhoneが吸着するため、充電のたびにコイルの位置を合わせなくて済むのが快適です。

Amazonの商品ページによるとスタンド本体は13度の傾斜が付いているそう。

この傾斜がかなり憎く、充電する・外すときに指や手をiPhoneの下に差し込んでもちょうど良い高さになっていたり、作業中にiPhoneをチラ見する際にも自然な角度になっているため、デスクで使う場合にも最適な一品なのではと思います。

横から見るとこんな感じで、アルミの素材感がデスクの中でも際立っています。個人的にはサードパーティー製のMagSafe充電器よりもスタイリッシュだと感じるレベル。

寝室でMagSafe充電器を使うなら最適な一品

寝室のベッドサイドで大活躍中

こんな感じで、今回はSTOUCHIというメーカーから発売されているMagSafe用のケーブルスタンドを紹介しました。

これまで寝室でBelkinのMagSafe充電器を使っていたこともあるのですが、スタンドに立てて固定するという動作が寝ながらだと厳しく次第に使わなくなってしまい、1台のiPhoneを充電するためにそこそこ大きな充電ステーションを使わざるを得ませんでした。

今回購入したSTOUCHIのMagSafeスタンドは、シンプルな見た目ながら重みもあり、吸着ジェルと組み合わせることで充電器の位置ズレを格段に減らすことができるため、寝室で導入するには最適な一品。実際に僕自身もしばらく寝室で使っていますが、寝ている途中にiPhoneや充電器の位置がズレるようなことはなく、とても快適に使えています。

僕のように「位置ズレせずにiPhoneを充電したい」という人や「MagSafeの充電ケーブルを買ったけど使い道がない」といった人にぜひおすすめしたい一品です。