ガジェットTouch!

お店の味を簡単に家でも再現、新小岩のラーメン店『啜乱会』で美味しいラーメンを食べてきた&作ってみた【PR】

ここ2ヶ月でようやく例の流行病も落ち着きを見せ始めましたが、人によっては一度始まったテレワークが完全に定着し、家で仕事をすることが当たり前になった人も多いはず。

かくいう僕もその一人で、入社してから今日に至るまでオフィスに出社したのは数回、基本的には自宅で仕事をするというワークスタイルになっています。

そうなると地味に困ってくるのがランチ事情。オフィスに出社する場合は近くのお店を探したり、足を伸ばして隣駅のお店を狙ったりできますが、常時テレワークとなると自宅近所のお店も開拓しきってしまって「ランチに困る」という現象が起きてきます。これが結構辛いんですよね…。

そんな中、住んでいるところからほど近い新小岩にあるラーメン屋『啜乱会』さんから「自宅でも簡単に作れるラーメンセットがあるから、試してほしい!」というお話を頂いたので、店舗に伺ってラーメンを食べた上で、セットを使って作るとどれくらいお店の味を再現できるのかを試してみました。

※この記事は啜乱会とのタイアップ記事です。

啜乱会について

今回紹介する『啜乱会』は、JR新小岩駅から徒歩5分ほどの場所にあるラーメン屋。横浜・上大岡にある『G麺7(ジーメンセブン)』というラーメン屋のオーナーがプロデュースしたお店ということで、店の軒先には上大岡発祥と書かれた提灯がぶら下がっているのが特徴です。

「上大岡発祥」と書かれた提灯が特徴的な店舗外観

自家製麺とオリジナルブレンドによる正油・塩ラーメンや汁なし担々麺、魚介ダレをふんだんに使ったまぜそばなどは評価が高く、過去には「東京ラーメンオブ・ザ・イヤー 2017-2018」も受賞しています。

執筆時点での食べログ評価も3.54とスコア的にはかなり高め。

アクセス方法

簡単にお店の概要について触れたところで、新小岩にある実店舗へのアクセス方法を紹介していきます。最寄り駅はJR総武線各駅停車・総武本線の新小岩駅です。

新小岩駅南口

新小岩駅に到着したら南口を出て、すぐ正面にあるルミエール商店街に向かいます。

商店街に入ったらそのまま真っすぐ歩いていきます。屋根も完備されているので、お店まではほぼ濡れずに向かえるのが良いですね。

しばらくすると右手にマツモトキヨシが見えてくるので、その手前にある十字路を左に曲がります。曲がった先に宝くじ売り場があるので、マツモトキヨシ含め目印はかなり分かりやすいですね。

50mほど直進すると左手に啜乱会が見えてきます。

お店の前には先に触れた提灯とメニューが掲示されています。

店頭で絶品塩ラーメンを食べる

メニューはこんな漢字

早速入店。入口入って右側に券売機が用意されていてそこから希望の食券を購入する仕組みになっています。大盛りが+50円で可能なのが個人的にはかなり嬉しいところ。

券売機横には製麺用の粉が置かれている

ちょうど昼過ぎに行ったのですが、訪問した当時は緊急事態宣言下ということもあり予想よりも早く入店できました。

店内はかなり広く清潔でテーブル席も用意されているため、子連れだったり複数人で訪れた際も席配置で揉めたりする心配はなさそうです。

今回は塩ラーメン(800円)を注文してみました。標準でのトッピングは

  • かいわれ
  • メンマ
  • ネギ
  • チャーシュー

と比較的シンプルです。

レンゲには啜乱会のロゴが刻印されている

自家製の麺はストレートの中太麺で、スープとの絡みもしっかりしています。弾力が強くプリッとしていて、食べごたえがありつつも麺の硬さを感じることはなくかなり美味しい。

スープは「海鮮乾物と鶏皮を使った塩タレと、鶏節と貝類を使った塩タレの2種類をブレンドした特製品」とのことで、塩加減も強すぎることなくちょうど良い仕上がりになっています。

チャーシューは鶏肉と豚肉の2枚構成。個人的には鶏肉のほうがスープの味がしっかり染み込んでいて、より美味しさを感じました。

オンラインショップで「ラーメンセット」が買える

さて、ここまでは実際に啜乱会の実店舗に出向いていただいたラーメンの様子を紹介しましたが、啜乱会ではコロナの煽りを受けてか今年の2月にオンラインショップを開設しています。

用意されているのはオンラインショップ用に改良したという「らーめん」2種類(正油・塩)と、トッピングとして使える魚壊(魚介)・生姜だれの4種類。それぞれセット販売になっています。

今回の企画は「家でも簡単に作れるお店クオリティのラーメン」というわけで、早速オンラインショップから正油2食・塩2食のセットを注文しました。

麺はこんな感じで、お店と同じ自家製麺が1食ごとに包装されています。特になにかお願いしたわけでもないのですが、おまけとして1食分の麺を頂いてしまいました。

正油・塩スープの素もそれぞれ個包装されています。これなら簡単に作れそう。

同梱されているパンフレットには他商品の紹介と共にラーメンの作り方が記載されています。特に必要な具材などは紹介されていないので、お店の盛り付けを真似するもよし、オリジナルの具材でカスタムしてみるのもよし、という感じでしょう。

家でも簡単に美味しいラーメンが作れた!

家で作った正油ラーメン

近所のスーパーでチャーシュー・かいわれ大根を買ってきて早速ラーメンを作ってみました。

「らーめんを作る」といっても難しくなく、小分けになっている麺を茹でつつスープをお湯で薄めて作るだけ。家で本格的なラーメンを作ったことはこれまで無かったのですが、あっさり完成してしまいました。

こちらは別日に作った、お店でも頂いた塩ラーメン。

お店で提供されるラーメンと違って希釈して作るスープなので「お店と全く同じ味!」とは言いませんが、お店で食べたものとほぼ同じ味が簡単に作れてしまうのはすごく魅力的。
お店への訪問からしばらく経って作った塩ラーメンに関してはそうそう、この味だったわと訪問当時の感覚を思い出しながらガツガツ食べてしまいました。

もちろん上で紹介した一般的な作り方以外にも、すでにある調味料を使ってお店ではできないようなアレンジを楽しんだり、中々できないラーメン作りを家族で楽しむのも「おうちラーメン」ならではの楽しみ方かもしれません。

おうちラーメン、楽しい&美味しいで2倍楽しめる

こんな感じで、今回は新小岩にお店を構えるラーメン店『啜乱会』のラーメンを食べた・作った様子をまとめてみました。

普段お店でラーメンを食べることが大半な僕にとって、家でお店のラーメンを作る・食べるというのは初めての経験でしたが、キットを使って簡単に作れる上お店と変わらぬ味を楽しめるのは非常に手軽かつ面白い経験でした。

お店で食べる時と金額感も大差ないですし、寒さが強まってくるこれからの時期にオンラインショップでラーメンを注文し「おうちラーメン」にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

店舗名自家製麺 啜乱会
住所〒124-0024
東京都葛飾区新小岩1-50-12
電話番号03-6231-4303
営業時間11時30分~20時30分
定休日水曜日
公式サイトhttps://susuran-kai.com/

今回紹介した「おうちラーメン」が購入できるオンラインショップはこちら。