君は「葉山女子旅きっぷ」を知ってるか?往復切符とバス乗り放題とお昼と土産込みで3000円は最強

てんび〜(@_tenbi)です。

9月5日に誕生日を迎えたこともあって、先週末は彼女と神奈川の葉山に遊びに行ってきました。

そのデートで使った(というか初めて知った)「葉山女子旅きっぷ」というものが最強に使えておすすめなきっぷだったのでご紹介。この値段でいいのかこれ。

特典盛りだくさん

今回紹介する「葉山女子旅きっぷ」は、品川から三崎口・逗子・浦賀といった三浦半島の各所を結ぶ、京浜急行が販売しているお得なきっぷの一つ。

電車とバスの乗車券はもちろん、選べるごはんやおみやげまでがセットになった優れもの。

by葉山女子旅きっぷ | おトクなきっぷ | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

と公式サイトに記載されている通り、

  • 京急の最寄駅〜新逗子駅までの往復きっぷ
  • 新逗子の指定区間内の京急バス乗り放題
  • 23店舗から選べる逗子・葉山のごはん券
  • 10店舗から選べる逗子・葉山のおみやげ券

がセットになっためちゃくちゃ便利なきっぷ。これ一つで交通手段からご飯からお土産までカバーできるので、今回のように行き先だけ決まっていてあとは無計画、という日帰り旅行にぴったり。

ちなみに「女子旅」なんて付いてますが、普通に男子でも買えます。

ごはん券で食べられるランチがおしゃれ

一般的なごはん付きの日帰りきっぷって、なんとなく「ごはんがしょぼそう」的なイメージがあると思うんですが(僕もそうだった)この「葉山女子旅きっぷ」のごはん券が使えるお店はなんと23店舗

23店舗から選べるランチ券

三浦半島で採れた新鮮な地魚を使った丼や中華・フレンチまで、かなりのバリエーションの中から好きなものをチョイスして食べることができます。

今回の旅ではそんなバリエーションの中から「Double Sandwich HAYAMA」というサンドウィッチのお店を選んだんですが、地元で人気のお店のランチを食べられるので満足度は最高潮。

実際、きっぷを使わずに通常料金で上の写真と同じものを食べようとするとだいたい2000円前後かかってしまうので、ぶっちゃけお昼だけでも元取れます。

京急公式で混雑状況が確認できるページを用意してくれているのもGOOD。

みやげ券でもらえるおみやげも良い

Hayamagirl4

さらにみやげ券でもらえるおみやげも、文房具からスイーツまで幅が広い。中には1泊最高6万円という高級ホテルのチーズケーキもあるなど、一つ一つのクオリティとインパクトが大きいです。

普通に食べると1000円するこの高級プリンも、みやげ券を使えばお持ち帰りできます。美味しい。

良心的な価格

きっぷの料金は新逗子から最寄り駅までの料金で変わりますが、それでも

  • 品川・川崎から: 3000円
  • 横浜から: 2800円
  • 上大岡から: 2700円

と中々にリーズナブル。今回は横浜から使ったんですが、これを葉山女子旅きっぷを使わずに再現するとだいたいこんな感じ。

  • 横浜〜新逗子: 620円(往復)
  • バスの乗車賃: 880円(4回)
  • ランチ: 約2000円(サンドウィッチ+ポタージュ+ドリンク)
  • みやげ: 1600円(葉山ホテル音羽ノ森のチーズケーキ)
  • 合計: 5100円

こう考えると、葉山に行くのに「葉山女子旅きっぷ」を使わないのは相当にもったいないんじゃないでしょうか。

京急全線の券売機で買える

ちなみに今回の「葉山女子旅きっぷ」に限らず、京急が販売しているお得なきっぷは全て、泉岳寺駅を除いく京急全線の自動券売機にある「お得なきっぷ」から購入できます。
窓口に並ぶという面倒&時間の無駄な手間が省けて便利。ただしクレジットカードを使っての購入ができないので、その部分だけ注意する必要があります。

葉山観光のベストチョイスに

ということで今回は葉山日帰り旅行に行く時には絶対に使いたい「葉山女子旅きっぷ」のご紹介でした。

鉄道会社が観光地のお店とコラボしてお得なきっぷを、しかもかなり良心的な価格で出すというのはなかなかないと思うので、積極的に使っていきましょう。

行ってきました

こんなところにも行きました

スポンサーリンク

この記事を書いた人