憧れの1足を履く。コンバースUSAのChuck Taylor ’70が見せる小さなお洒落

コンバース ct70 ブラック

ーー憧れを手に入れよう。

Chuck Taylor ’70」という、コンバースALL STARの1足を手に入れました。僕がずっと憧れていた1足です。

コンバースという憧れ

Converse ct70 bought 1

コンバースとはもう10年以上の付き合いになります。

7歳くらいの時でしょうか、小さい頃にオフホワイトのチャックテイラーを履いてからというものの、そのシンプルさとクールさに惹かれてしまいました。

それ以来、近所を歩く時も遠くへ行く時も、足元はほぼいつもコンバース。海外旅行へ行った時には、現地で限定のコンバースを買ってもらったりして、多い時は5足近く持っていたことも。

中学・高校と制服を着る6年が続いて、私服を着る機会が減ると比例して靴の数は段々と少なくなりました。でもそんな時でも、コンバースだけはずっと残していました。

ーー時は大学生。

私服を週6で着るようになり、少なくなった靴のバリエーションも増やしていこうという気持ちに。

その時から僕はこのChuck Taylor ’70に憧れを抱くようになりました。そして、僕はこの靴が日本では売っていないことも知っていました。

日本では購入できない

Converse ct70 bought 2

このChuck Taylor ’70、実は商標の関係から日本で販売されていません。ショップが仕入れようとしても税関の段階で没収されてしまうので、購入するには現地の靴屋で購入する必要があるんです。

憧れの1足が欲しい、でも買えない。もどかしい。

そんな時にファッション好きの友人から教えてもらったのがSSENSEというカナダの通販サイト。海外通販ながら日本語にも対応していて、送料こそかかるものの日本への配送にも対応しています。

そして見つけてしまった、黒いChuck Taylor ’70のハイカット。値段は送料込みで1万5000円。

気が付いたら、カナダからはるばる僕の手元に来ていました。

少し違う、だからおしゃれ

Converse ct70 bought 5

Chuck Taylor ’70は「チャックテイラー」シリーズの販売が始まった1970年代のデザインを再現しつつ、履きやすさを通常モデルよりも向上させたモデル。

ヒールプレートは光沢のある、ややクリーム色のものになっていて、通常モデルを横に並べると明らかに見た目や質感が異なります。

Converse ct70 bought 8

靴の内部には布が当てられていて強度が向上。当て布のためにステッチの数も通常モデルより1本多く、アーチ状になっています。

黒い布の上を走るアーチ状のステッチ、このステッチが欲しくて手に入れたと言っても過言ではありません。

Converse ct70 bought 4

そして極めつけはヒールラベル。通常モデルは「ALL STAR」とだけ書かれた白いラベルが付いているのですが、Chuck Taylor ’70は当時の3つ星デザインが使用されています。

Converse ct70 bought 9

クリーム色のアウトソールに黒い3つ星ヒールラベル、アーチステッチ。分かる人にしか分からないおしゃれがここにあります。

憧れの1足を履こう。

Converse ct70 bought 7

今回手に入れたChuck Taylor ’70は、コンバースが好きな人からするとまさに憧れの1足。

通常モデルとは少しだけ違う、そのほんの少しの違いが、僕をよりわくわくさせてくれます。

良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる。

そんなイタリアのことわざに耳を傾けて、これから僕はこの1足と良い場所に向かっていこうと思います。

▼今回購入したモデルはこちら。

▼他モデルでも、在庫がある場合はSSENSEのサイトから購入可能。

▼一部モデルはAmazonでも購入可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人