小型でも高性能。カバンの中に入れておくミニ三脚はマンフロットの『PIXI EVO』がおすすめ

写真をブレずに撮影するには三脚が欠かせません。
僕も桜や花火など綺麗に残したい写真を撮るときには必ず三脚を持ち歩くようにしているのですが、一般的な三脚はサイズも大きく重量もあるので、なかなか普段持ち歩かない…。

ましてや最近はiPhoneでも十分綺麗な写真が撮れるようになっているので、今僕に必要なのは「普通の三脚」ではなくむしろ「小型で扱いやすい三脚」

今回紹介するマンフロットのミニ三脚『PIXI EVO』は、スマートフォンを取り付けるアダプタも付属していて対荷重も十分の三脚。ちょっとしたお出かけに最適です。


▼▼このガジェットを1分動画レビューでチェックする▼▼

マンフロットのミニ三脚『PIXI EVO』レビュー

こちらがマンフロットから発売されているミニ三脚『PIXI EVO』。マンフロットのミニ三脚シリーズはこの『PIXI EVO』の他に『PIXI』があるのですが、一眼レフカメラやミラーレスカメラを使う場合は対荷重が2.3kgに増加している『PIXI EVO』の方がおすすめです。

カメラへの装着方法はねじ込み式。一般的な三脚ネジと同じネジ径なので、基本的に三脚穴があるカメラにはそのまま使うことができます。

雲台はポール雲台になっていて、マンフロットのロゴマークを回すことでカメラを自由な位置に固定可能。小さい三脚ではポール雲台式になっているものは少ないので、簡単に角度が調節できるのは良い点です。

写真のように角度は2段階使用可能なので、重たいカメラを装着した時や風での揺れを防ぎたい時には角度を深くすることで対処することが出来ます。角度の切り替え方法も雲台部に付いているレバーを動かすだけなので簡単。

この他、脚の長さも5段階に調整することが出来るのですが、脚を伸ばすとその分揺れるリスクも増えるので注意が必要です。

スマホ用ホルダーを使用して自撮りにも活用する

『PIXI EVO』は単体でもとっても便利な三脚なのですが、別に販売されているスマホ用ホルダーを利用することでスマホ三脚としても利用することが可能。
クランプ部はゴムで覆われているので、スマホを傷付けずに三脚に取り付けることが出来ます。

スマホ用ホルダーは縦向きと横向きにネジ穴が備わっているので、2通りの方法で三脚に取り付けるカタチ。

ホルダーには小さいながらもスタンド機能が付いているので、これ単体でも「両手が塞がっている時にスマホを立てて使う」なんて使い方も出来ます。

ホルダーを『PIXI EVO』に取り付け、そのままiPhone XSを装着してみました。簡単に装着できて使っていてiPhoneが落ちてしまうなんてこともないので、使い勝手は良好です。

クイックリリースプレートを取り付けてアルカスイス互換にする

今回紹介している『PIXI EVO』、カメラへの取り付けがねじ込み式になっていることもあって、アルカスイス互換プレートなどを付けているカメラを『PIXI EVO』に装着するには手間がかかります。

そういう訳で最近購入したのは、アルカスイス互換になっているプレートを取り付けることが出来る「クイックリリースクランプ」という名称の製品。Amazonでは大体1000円〜3000円前後で購入可能。

カメラを取り付けるときと同様、『PIXI EVO』の三脚ネジを回して装着。クイックリリースクランプを取り付けることで、アルカスイス互換プレートを付けているカメラやアクセサリを瞬時に脱着することが出来るので、身の回りの三脚やカメラは全てアルカスイス互換で統一しています。

クイックリリースクランプ・プレートを使ってマンフロットのスマホ用ホルダーを装着。

続いて最近購入したミラーレスカメラ『α7R III』を装着。こんな風にアルカスイス互換で統一すると、スマホホルダーやカメラを短時間で交換できるようになるので、ガジェットを多く使う人にとっては効率アップにつながりそう。

まとめ: 低価格・軽量で使い勝手の良いおすすめのミニ三脚

スマートフォンで写真を撮ることは多くなりましたが、夜景や手ブレを気にするような状況ではまだまだ三脚が必須。

今回紹介したマンフロットのミニ三脚『PIXI EVO』があれば、これ1つでスマートフォンやミラーレス一眼カメラなどをカバーすることができるので、日常的に写真を撮影することが多い人は1つカバンに入れておくと良さそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人