TEDxRikkyoUに登壇しました – 始まりはいつも「楽しい」から

去る1月26日、立教大学太刀川記念ホールで行われた「TEDxRikkyoU」に登壇しました!

すでに登壇から1ヶ月以上が経過してしまっているのですが、このタイミングで公演の動画が公開されたということもあって今回記事を書くことにしました。

始まりはいつも「楽しい」から

今回僕がお話した内容は「『楽しい』を基準に物事を判断しよう」というもの。

「好きこそ物の上手なれ」なんてことわざがありますが、友人やSNSによって「好み」が大きく左右されてしまっている現代の世の中で、本当に自分の「好き」は本心から溢れるものなのでしょうか。そもそも、左右される「好き」から物事は上手くなるの?

僕が提案したいのは、「『好き』という価値観ではなく『楽しい』という価値観でモノを見てみよう」という考え方。
思えば、僕たちが今好きだと思っているモノは「楽しい」がきっかけで興味を持ったはずです。

「楽しい」と思えるから「好き」になれるし、続けられる。続けることによって、更なる楽しみを見いだせる。
なにごとも始まりはいつも「楽しい」からだと、僕は思っています。

物が溢れるこの時代、いきなり「好き」を見つける前に、まずは心の底から「楽しい」と思える対象を見つけよう。

そんなメッセージと、心の底から「楽しい」と思える対象を見つける簡単なハックを話しました。

動画はおおよそ12分くらい。基本的に喋りが中心なので、作業の合間にぜひ見てやってください。シェアしてくれたらめちゃくちゃ喜びます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人