ガジェットTouch!

【予算5万円】テレワーク補助金で整備する快適テレワーク環境を考える

2021年度が始まって10日。僕のように、少しずつ新社会人生活に慣れてきたという人も多いのではないでしょうか。

今年は今年は感染症の影響もあって「新入社員研修がテレワークになった」という人や、「仕事自体がテレワークになった」という新社会人が随分多くなったなと感じます。会社によっては「テレワーク補助金」なんかも支給されているのではないかなと。

前回「予算2万円で作るテレワーク環境」ということでオススメのアイテムをいくつか紹介しましたが、今回は予算を5万円に増額。外部モニターなどを含め、5万円以内でテレワークが快適になるアイテムをまとめて紹介していきます。

今回の記事でも前提条件として、一般的な会社員が在宅勤務をするシチュエーションとして考えられる

  • 会社から支給されたノートパソコンを使用する
  • モニターなどの貸与はなし
  • 業務内容はビデオ会議、事務作業など

を想定しています。前回の記事は以下のリンクからどうぞ。

前回の記事と比較して予算が5万円と増えたので、今回は「外部モニターを接続して作業領域を拡張する」ことをコンセプトにアイテムをピックアップしてみました。

マイクBlue Microphones Snowball iCEAmazonで購入する6,642円
Webカメラロジクール Webカメラ C920nAmazonで購入する7,480円
外部モニターDell 23.8インチモニター SE2416HAmazonで購入する13,800円
PCスタンドBoYata ノートパソコンスタンドAmazonで購入する4,899円
キーボードロジクール K275Amazonで購入する1,547円
マウスロジクール MX Master 3Amazonで購入する13,500円

記事執筆時点で合計金額は税込47,868円

前回の記事では紹介していなかった外部モニターを盛り込みつつ、予算に応じて「これはもっと良いモノにしたほうが良い!」というものをアップグレードした形です。一つずつアイテムを見ていきましょう。

マイク

マイクは前回の記事でも紹介したBlueのSnowball iCE。USBでパソコンに接続するだけで動作するので、オーディオインターフェイスなど余計な機器を必要とせず手軽に使えるマイクです。

マイクの音質はオンライン会議の質に直結するので、ある程度お金をかけてしっかりしたものを用意するのが良いでしょう。

Webカメラ

前回は720p/30fpsという最低限の画質が得られる『C310n』というWebカメラをピックアップしましたが、予算に余裕が出てきたのでちょっと高機能な『C920n』にアップグレードしてみました。

画質面は720p/30fpsと1080p/30fpsに対応。カメラ越しに資料を見せながらの会議など画質が求められる場面では、先述のC310nよりも便利に使えそうです。

外部モニター

予算5万円編のコンセプトはあくまでも「外部モニターを接続して作業領域を拡張する」ことなので、増えた予算の大半はモニターに使うことになります。初めての外部モニターとしてピックアップしてみたのがDellから発売されている23.8インチのフルHDモニターです。

いくつかオススメできるポイントはありますが、なんといっても一押しなのはその価格でしょう。通常業務では全く問題ないフルHD解像度のモニターが1.3万円で買えるのはさすがに安い。

また接続端子がHDMIだけでなくD-Sub15ピン(VGA端子)に対応しているのも個人的には高評価。僕らが普段使っているPCと異なり社用PCはHDMI非搭載・D-Sub15ピンのみ搭載といったケースも多くあるので、後方規格への互換性があったほうが万が一のことを考えると安心です。

HDMI端子だけで十分!という人にはBenQの23.8インチモニター『EW2480』がオススメです。

Dellのモニターよりも前面のベゼルが薄く、HDRやブルーライトカットなどユーティリティ機能が充実しているので、人によってはこちらのほうが相性が良いかもしれません。

PCスタンド

PCスタンドは2万円編と同じくBoYataのノートパソコンスタンドをチョイスしました。

前回の記事では「目の高さまでノートパソコンを持ってくる」ことを目的に使いましたが、外部モニターと合わせて使う時はそのモニターの上辺・下辺に合わせるように高さを調節するのがオススメ。

ソフトのウインドウをモニター←→ノートパソコン間でシームレスに移動できるようになる・モニター間でカーソルが迷子にならなくなるなど、ちょっとしたメリットが多くなります。

キーボード

キーボードは前回と同じくロジクールのK275をチョイス。

すでに使っているキーボードがあればそれを使えばいいですし長時間使うものなので、値段関係なく自分にフィットするものを使うのが良いと思います。

マウス

キーボードはどの価格帯でも出来ることは大差ありませんが、マウスは価格によって使い勝手がかなり変わると思っています。

特に10,000円に届く・超えるような「ハイエンドマウス」と呼ばれるマウスたちは専用ソフトによってアプリケーションごとにボタンに割り当てる機能を変えたり、スクロール速度など細かい部分まで調整出来るので、自分好みにチューニングすることで作業効率が格段に向上するんですよね。

僕も使っていてオススメできるのが、ロジクールから発売されている『MX Master 3』というワイヤレスマウス。先述した使い勝手の良さはもちろんですが、長時間の作業でも疲れにくい人間工学に配慮したデザインもめちゃくちゃ手にフィットするのでとっても快適。

価格はちょっとハードルが高いですが、今までこの手のマウスを使ったことがない人にはぜひ試してもらいたい製品ですね。

レビューも書いているのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は「予算5万円で整備するテレワーク環境」というテーマで、前回の2万円編に引き続き予算内で揃えられるオススメのアイテムをまとめて紹介しました。

前回と比較して予算が3万円増えたこともあり、モニターを揃えて作業環境を拡張したり高機能マウスを導入して効率アップを図ったりと、かなりアイテムは充実したんじゃないかなと思います。

次回は10万円編ということで、これまで書いてきた2記事よりもさらに快適になるモノを揃えたい!という人向けにオススメのアイテム類を紹介していきます。

2万円編はこちら。