ガジェットタッチ

人生初の河津桜を、絶好の快晴で撮った日。 | 僕とα7R V

桜がすごく好きです。1週間ほどしか見られない儚さとその美しさに惹かれて、カメラで写真を撮るようになってからほぼ毎年どこかしらで桜を撮っています。

そんな僕でもまだ訪れたことがなかったのが、伊豆半島にある河津。毎年2月~3月に全国に先駆けて咲く河津桜が有名で、僕も5年以上前から訪れたかったのですが、コロナ禍やタイミングが悪く行けぬままだったのでした。

2023年の初春、スケジュール的にも世間的にも都合が付きそうだったので、ようやく桜を見に河津を訪れることが叶いました。念願の河津桜撮影です。わくわく!


今回持っていったのはメインカメラの『α7R V』と標準ズームレンズ『SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art』、それと広角ズームレンズの『TAMRON 17-28mm F2.8』。広角レンズを持って外に出るのは案外久しぶりでした。

今回のα7R Vで撮影した写真は、新しく搭載されたクリエイティブルックの「FL」を当てた上で現像しています。結構好みの色が出せて良い感じ。

シグマ(Sigma)
¥121,880 (2024/04/06 19:21時点 | Amazon調べ)

それと、今回はちょっとした実験も兼ねて友人(@kuropon)からコンパクトデジタルカメラ『GR IIIx』も借りて2台体制で挑みました。GR IIIxで撮影した写真はキャプションをつけています。

サフィール踊り子に乗って初春の下田へ

GR IIIx

せっかく伊豆下田に行くのだから!ということで、頑張って『サフィール踊り子』を予約しました。東京から伊豆急下田まで2時間半ほどで結ぶ全車グリーン車の特急で、料金は乗車券を合わせると10,000円ほど。

本当であれば通常の『踊り子』や普通電車で行くのが一般的なのでしょうけど、何事も経験してみないと「もういいかな」「またやりたいな」の区別は付けられないのでね。

GR IIIx

ついでなので車内に用意されているカフェテリアで昼食も取ることに。1,200円にしては若干量が控えめだったかな…でもとっても美味しかった。

GR IIIx

14時前に伊豆急下田駅に到着しましたが、1日目の伊豆は残念ながら曇天。

とはいえ河津桜を見に行くのは2日目の予定でしたし、雨に振られることなく下田の市街地を散歩できたのは良かったポイント。市街地に特筆すべき観光地がないのが残念ですが…。

GR IIIx

下田の街には当たり前のように河津桜が咲いていて、当初の目論見通り2月末の土日はまさに満開でした。2日目がますます楽しみになってゆく。

今回宿泊した下田ビューホテルは、全室オーシャンビューで窓から白浜が一望できるようになっています。

チェックインしたタイミングがちょうど日没のタイミングで、数ヶ月前に訪れた南紀白浜のような風景を眺めることができました。

白浜で最高の日の出を見る

GR IIIx

翌朝。

海を目の前にしたロケーションで、海岸線の方から日が昇ってくるのに日の出を見ない手はない!と、6時前に友人を起こして白浜へ降りてきました。すでに何人か同じような目論見の方がいて、僕たちを含めて10人ほどで日の出を独占です。

GR IIIx

GR IIIx

冬の間しか見られないと言われている神秘的な「けあらし」 と共に朝日が昇ってきます。朝がやってきた…!

GR IIIx

完全に日が昇るまで30分間ほどを白浜で満喫。さすがに寒かった…。

GR IIIx

ホテルへの帰り道では白浜と河津桜の素敵なコラボレーションも眺めることができました。

GR IIIx

さて、チェックアウトも済ませたところで今回の旅行の本題でもある「河津桜まつり」へ向かいます。

人生初の河津桜まつりへ

伊豆急行線の河津駅近くを流れる河津川を中心に開催されている「河津桜まつり」。毎年2月下旬から3月上旬は僕たちのように多くの観光客が訪れます。

河津駅を降りると早速たくさんの河津桜がお出迎え。

河津川に出ると両岸にいっぱいの河津桜が!この桜たちが全長およそ4kmほどに渡って咲き誇っているというのだから驚き。

ソメイヨシノなど日本各地で見られる桜と違って花びら一枚一枚の色が濃い(ピンク色)のが河津桜の特徴。

この日のように快晴であれば、撮って出しでも青空と桜のピンクが十分に写真に残ります。

どんどんと川上に向かって歩いていきますが、桜並木は全く途切れない。本当に「壮観」という言葉がぴったりだし、日本人として生まれてきた誇りを少なからず感じます。

桜並木の終端・峰大橋までやってきたのでここで折り返し。ずっと桜に囲まれながらのウォーキングでした。

GR IIIx

桜並木ではα7R Vを使うことがほとんどでしたが、ポケットには常にGR IIIxを入れていました。ボタンひとつでマクロ撮影モードになって接写できる、そしてそれがスマホより小さいサイズで出来るのがすごく良かった。

X-E4と焦点距離は同じだけど欲しくなっちゃいましたね…。


GR IIIx

初めて自分の目でしっかり見た河津桜は、これまで見た桜の中でも群を抜いて美しくて見応えのあるものでした。お金とスケジュールが許されるなら毎年見に来たいな…。

東京でもあと1ヶ月ほどでソメイヨシノが咲くでしょうし、今年も中目黒とか千鳥ヶ淵の桜を写真に収めたいところ。やっと春が来たな。

※この記事にはアフィリエイトリンク・広告が含まれています。