ブログを書き続けて9年目。クリエイターとしても活動する19歳・てんび〜の仕事術: 勝手にHOW I WORK

Howiwork tenbi

僕は結構仕事術マニアに近い一面があって、俗に言う「○○仕事術」といった本だったり、面白そうな仕事効率化サービスを見つけては試してみるような日々を送っています(だからタスク管理ツールも固定できてない)。

そんな僕が主に海外で働くワーカーの仕事術を勉強するために読んでいるのが、Lifehackerの人気企画となっている「HOW I WORK」という連載シリーズ。
日本のワーカーでは使わないようなツールや、到底日本では実現できないようなライフスタイルがたくさん紹介されていて、読んでいるだけで自分が凄腕ワーカーになったような気分になれるのがこのシリーズのいいところです。

そこで今回は、「勝手にHOW I WORK」と題して僕の最近のライフスタイルだったりを紹介していこうと思います。


敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回はワークユニットTNBの代表でブログ「ガジェットTouch!」の主筆でもある、てんび〜こと加藤瑞貴さんの仕事術を伺いました。

HOW I WORK

居住地 東京
現在の職業 クリエイター
仕事の仕方を一言で言うと タスクシュート
現在の携帯端末 iPhone 7 Plus
現在のPC MacBook Pro 13インチ

現在の仕事について教えてください

主な仕事としては、このブログを主宰するブロガーとして活動しています。あとは今年からブログ以外にもクリエイティブな仕事がしたくなってTNBというワークユニットを設立したので、そこの代表・クリエイターとも名乗っています。

あと一応まだ19歳で立教大学に在学しているので、世間的には大学生でもありますね。

「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?

WordPress(CMS)

TNBというワークユニットこそ立ち上げましたが、収益構造としてはまだまだブログが中心だし、人生の半分近くをブログを書いて過ごしてきたので、ブログを管理するCMSであるWordPressがないと人生にぽっかり穴が空いた気持ちになります。

たすくま

Taskuma -- TaskChute for iPhone -- 記録からはじめるタスク管理
Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: ¥3,600

僕がここ数年実践しているタスク管理術である」タスクシュートを実現するため、2年前から活用しているアプリです。タスク管理とライフログを同時に実行できるアプリなのでとても重宝しています。

最近iPhoneをリセットする機会があって半日ほどiPhoneが使えなかったのですが、タスクを全てこのアプリの中に保存していたので何をすればいいのか思い出せないという経験に遭遇しました。

Twitter / Tweetbot

Tweetbot 4 for Twitter
Tweetbot 4 for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
価格: ¥1,200

2010年からやっているTwitterも欠かせないツールの一つですね。インターネットでのコミュニケーションは僕の場合Twitterから始まることがほとんどなので、小学生の頃から今までとずっと活用しています。

公式アプリは広告が多かったりしてあまり使いやすいとは言えないので、Tweetbotというアプリをリリース当時から使っています。投票機能やステッカー機能など公式アプリでしか使えない機能も増えてきているのですが、それを差し置いても使いたいと思わせる使い心地のよさが気に入っています。

ちなみに、2018年の5月にTwitter側の不手際で1ヶ月ほどメインのアカウントが凍結されてしまっていたのですが、凍結解除されるまでの1ヶ月は本当にこの世の終わりを感じました。

仕事場はどのような環境ですか?

実家にある4畳半の和室をDIYした書斎をメインのワークスペースにしています。メインマシンのMacBook Proを4Kモニターに接続するだけで環境が整うので、大学など外出先での作業を終えてからもシームレスに作業を続けることができます。

おしゃれなカフェで作業することもたまにはありますが、結局自分のワークスタイルに合うように構築した環境が一番快適ですね。

DIYの過程だったり、デスク環境の詳細についてはこちらの記事でももう少し詳しく解説しています。

睡眠習慣はどのようなものですか?

学校がある時は24時までに寝て、6時に起きています。今は夏休みなので睡眠習慣がかなり崩れてしまっているのですが、Sleep Cycle Alarm Clockというアプリを使って睡眠管理だけはしっかりしています。

また部屋には目覚ましカーテンも設置しているので、陽の光のみで起きています。

お気に入りの時間節約術は何ですか?

2年ほど前から「タスクシュート」という仕事術を実践しています。

タスクシュートを手短に説明すると「記録からタスクを生成する」というもので、毎日はリピートタスクの繰り返しなのだから、それらを記録してタスクリストを作成すれば仕事が素早く効率的に終わる、という仕事術です。

2年間実践してきた僕でもまだ本質は掴みきれていないのですが、実践していく中で生活が効率的になった気がします。

タスクシュートと並んでお気に入りの時間節約術は「1日の始めにその日のタスクリストを作る」というものです。これは受験勉強のときに実感したのですが、机に向かう前に1日の勉強計画を立てるのと立てないのではその日の効率が全然違うんです。この節約術はタスクシュートの「日次スタート」という概念にも当てはまるので、合わせてよく使っています。

あと、まだ実践しているわけではないですが最近は音声入力にも興味を持っています。ながら作業しながらブログをかけるようになったらもっと更新できるので、本格的に導入すべきか悩みどころですね。

愛用している、仕事をうまく進行させるためのツール(ToDoリスト、アプリ、道具など)はありますか?

先ほども紹介したたすくまというタスクシュートを実現するアプリを活用しています。これがないと本当に仕事や予定がわからなくなってしまうので、iPhoneをリセットしたときなどは最初にインストールしています。

たすくま以外のツールではトラベラーズノートを使っています。積極的にデジタルツールを活用していきたいと思っていて、普段はiPhoneやMacのEvernoteアプリにささっとメモを入力することが多いのですが、いまだに大学ではデジタルツールが使えない講義もあるんです。そういった場合は紙に頼らざるを得ないので、紙も毎日持ち歩いています。

携帯電話とPC以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

ソニーのノイズキャンセルヘッドホン「MDR-1000X」を使用しています。

現在は最新モデルのWH-1000XM2も登場しているのですが、ノイズキャンセルの性能が強力で、外出先での作業や、自宅で集中したい時でも作業を快適にこなすことができます。

レビュー記事も書いているので参考にしてみてください。

仕事中、どんな音楽を聞いていますか?

PerfumeやMichael Jacksonなど、iTunesライブラリに入っている曲の中からプレイリストを適当に選んで聞いています。最近はPerfumeつながりでNegiccoという新潟ローカルのアイドルにはまっています。80年代っぽくてアイドルらしくない曲のセンスが結構どストライクです。

仕事において役に立った本、効果的だった本は何ですか?

土橋正さんの「モノが少ないと快適に働ける」という本です。

もともと掃除が苦手で机の上もあまり綺麗な方ではなかったのですが、この本を読んでからいわゆるミニマリストの考えを持つようになって、自然と物が減るようになりました。それでも仕事の効率は今までとは比べ物にならないくらい向上しています。

今、何を読んでいますか?オススメの本はありますか?

タスク管理解説本の名著「マニャーナの法則」をおすすめします。「今日もらった仕事を今日処理しない」と言うのは簡単ですが、実際にそれを実践していくのは多くの人にとってとても難しいことです。

この本はその難しいことをいかにして実現していくかを丁寧に解説しているので、タスク管理マニアの方だけでなく、普段から多くの仕事に追われているような人にも是非読んでほしい本になっています。

日常のことで「これはほかの人よりうまい」ということは何ですか?

気分の切り替えはうまいと思っています。もともとポジティブ思考なので、ネガティブなことがあったりしてもそれをうまくポジティブに繋げられている気がしますね。

どのように充電していますか? 仕事のことを忘れたいときはどうしますか?

音楽が大好きなので基本的には音楽を聴きます。それでも疲れているときは、少しぬるめのお湯に浸かりながらこれまた音楽を聴き、早めに寝ます。

仕事をよりよく進めるために「習慣」にしていることはありますか?

毎朝タスクリストを整理することです。先ほど説明したように「その日のタスクリスト」を朝に確定させるのもそうですが、定期的にInboxとして活用しているタスク管理ツールを確認するようにしています。

どの仕事がどの程度の進捗になっているのか把握できるので仕事がスムーズに進んでいます。

これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください

「迷ったら困難な方に進め」です。

確か中学時代にお世話になった恩師が言っていたと思うのですが、もう5年近く前のことなので確かな記憶ではありません。ただこの言葉は僕の座右の銘にもなっていて、物事を判断するときの指標になっています。

仕事を通じて、将来実現したいと考えていることを教えてください

結構抽象的なのですが、色々な人の「楽しい」を「好き」に変える仕事がしたいです。

よく「好きこそ物の上手なれ」とは言いますが、僕はその「好き」の前段階に「楽しさ」があると思っていて、楽しいという感覚が持続するからこそ「好き」という次の段階に進めるんだと信じています。

なので、このブログだったり僕の活動を通じて、色々な人の「これって楽しいな」という感覚を「これ好きだな」という方向に揺さぶっていけたらなと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人