【間接照明】LEDテープをモニター裏に貼ってイケてるデスク環境を構築する

Desk ledtape1

てんび〜(@_tenbi)です。

今のデスク環境には間接証明を導入しているのですが、どうも夜になるとモニターを見るのがつらい。調べてみると「モニターの裏や机の裏にLEDテープを貼ると目疲れ防止にもなる上オシャレになる」と書いてあって、何より「オシャレ」というワードに惹かれてしまい気がついたらポチっていました。

開封から設置場所までをまとめたのでご紹介。

1350円のLEDテープライトを買った

今回購入したのはRioRandテープライトという製品。

Amazonで「LEDテープライト」と検索すると日本語がめちゃくちゃになっているノーブランド品が出てきて焦ったんですが、gori.meでも紹介されていたこの商品なら大丈夫だろうという結論になりました。
値段も1350円とかなりこなれていて、これなら失敗してもギリギリ許せるレベルだったのも選んだ理由。

Desk ledtape2

箱の中には

  • 説明書
  • リモコン
  • 赤外線受光コントローラー
  • LEDテープ2本

が入ってます。LEDテープのケーブル長は7.5cmと200cmの2パターンがあるので、コントローラーから離れたところにも設置できていい感じです。

Desk ledtape3

説明書はバッチリ英語なんですが写真でも取り付け方が解説されてるので戸惑うことはないと思います。

Desk ledtape4

コントローラーには受光アンテナとLEDの接続端子があるので、リモコンの赤外線を受光できるところに付属の両面テープを使って貼り付けましょう。

電源はUSB端子から取るタイプになっているので、iPhone付属のUSBコネクタや【PR】cheeroからQC3.0対応6ポートUSB充電器が本日発売で紹介しているようなUSB充電器につなげばOK。

Desk ledtape5

コントローラーとLEDを接続する端子には向きがあるのでよく確認しながら接続しましょう。両端ともに矢印のマークがあるのでそれを合わせるようにすれば大丈夫です。

Desk ledtape6

LEDテープには3Mの両面テープがあらかじめ貼り付けられているので、自分の貼りたいところに貼りましょう。
基本的にこういった照明テープの類は「壁に向けて貼り付けて反射させた光を楽しむ」ためのものが多いので、貼り付け場所は重要です。

今回は机の後ろ側を明るくしたかったので、まずは机の裏に貼り付けてみました。

机の裏よりもモニター裏につけよう

Desk ledtape7

机の裏に貼り付けて点灯してみました。これはこれで綺麗なんですが、なんか微妙に違う

というのも、僕の場合は机の位置が高くてディスプレイを極限まで下げているので、机の裏に貼っていても隙間から見えてくる光が少ないんですね。

Desk ledtape8

というわけでテープをモニターの上下端に貼り変え。体感的にLEDテープに初めから付いている両面テープは2〜3回くらいであれば貼り直せそうです。

Desk ledtape9

コントローラーはリモコンの操作を受信することも考えてモニターの左下に配置しました。

Desk ledtape10

若干の調整を経て完成。こっちの方が幻想的なので貼り替えて正解でした。おめでとうございます。

色は白から紫まで16種類、発光パターンも4種類(フラッシュ・ストロボ・フェード・スムーズ)から選べるのでどんな雰囲気の部屋にもマッチするんじゃないでしょうか。

1350円でイケてるデスクになるからおすすめ

Desk ledtape11

テープを貼った現状のデスク環境。今の部屋は電球色の照明ばかりなので、色味を合わせて使っています。

デスク環境って大体の場合ガジェットと配線で汚くなってしまいがちなので、間接照明やインテリアなどでいかにイケてる雰囲気に仕上げていくかが大事で面白い部分。
そんなイケてる環境が1350円で作れるのはなかなかいいんじゃないでしょうか。おすすめです。

こんなモノもおすすめです

スポンサーリンク

この記事を書いた人