ガジェットTouch!

値段なんと999円!金属製で純正に近い質感のApple Watch用ミラネーゼループバンドをレビュー

先日1,000円台で購入できるApple Watch用の本革レザーバンドについて紹介しましたが、同じメーカーが販売するミラネーゼループが999円と破格だったので、1つ購入して試してみました。

値段の割にしっかりした作りが魅力的のミラネーゼループをレビュー

今回紹介するのはBRGというメーカーから発売されている、Apple Watch用のミラネーゼループ。BRGの商品は、以前レビューした本革レザーバンドが値段以上にしっかりした作りだったので、多くあるサードパーティーメーカーの中でも比較的信頼できるモノが揃っています。

今回購入したミラネーゼループも色によっては999円と1,000円を切る価格で販売されていて、純正ミラネーゼループと比較すると1/10の値段で入手できる代物。あまりミラネーゼループ自体に強い興味があったわけではないのですが、値段に釣られてついつい買ってしまいました。

実際に開封して外観をチェックしてみましたが、安いからといって決して「悪かろう」な品質ではなく、一見すると純正ミラネーゼループとそっくり。

手首に装着してみました。

一般的なバンドの場合は穴を通してバンドを止める必要があるため、人によっては最適な位置でバンドを留めることができない…ということもあります。

しかしミラネーゼループの場合は好きな位置でマグネットによって固定するタイプのため、腕の太さ・バンド穴の多さに関係なくジャストサイズで留めることが可能。一般的な男性よりもやや腕が細めな僕でもぴったり留めることができました。

ミラネーゼループは金属製のバンドですが、作り自体はメッシュ構造になっているため長時間装着していても蒸れてくる心配はありません。

基本的に満足度の高い交換バンドなのですが、さすがに1,000円を切るだけあって純正ミラネーゼループのクオリティには及ばない点もいくつか。

例えば上の写真はループ本体が通る帯状のバンド固定器具なのですが、バンドと帯の間に少し大きなスペースがあり、使っているとバンドが左右にあそんでしまいます。

またApple Watchとの接続部分の精度もまちまちで、純正品や以前紹介したレザーバンドと比較すると隙間が出来てしまうな…という印象。

質感の違いはアルミニウム・ステンレススチールによって変わってくるのは仕方ないとして、こういった細かい部分が気になってしまう方にはあまりオススメできません。

まとめ

こんな感じで、今回はAmazonで格安で販売されているBRG製のApple Watch用ミラネーゼループを紹介しました。

細かいところに注目してみると999円を実現するために妥協している点が見えてきますが、普段装着している分にはこうした部分は気にならず、一見すると純正ミラネーゼループを付けているのではと錯覚するほど。

使い勝手・質感ともに高く、先日のレザーバンドに続いて値段以上の満足度があるなと感じました。

1つ注意して欲しいのが、ミラネーゼループは純正・非純正問わず最新の『Apple Watch Series 5』には非推奨だということ。Apple Watch Series 5より搭載された電子コンパスと金属が干渉する可能性があるため、当該シリーズを使用している人は避けた方が良いでしょう。

価格はシルバーが999円、その他のカラーは1,200円〜1,400円前後。安価にミラネーゼループの質感・ルックスを味わってみたい人にオススメの交換バンドです。