ガジェットTouch!

2020/05/02のこと。 #30DaySongChallenge

本格的にGWが始まった。始まった、といってもこういう状況なのでお出かけできるわけもなく、最低限の散歩を除いては家にいる時間が続いている。

家庭環境が原因ではあるのだけれど、小学生のころから一人で過ごす時間が多かったこともあって、今の家に来てからの長期休みはストレスが溜まりやすい。その生活が2ヶ月(そしてもう1ヶ月)続くのだから、本当にセルフケアは丁寧にしていかねばと思うここ最近。

2020/05/02のこと

昨日に引き続き今日も散歩したからか、気持ちは比較的安定してる。

新しいデスクマットを買って、それを背景やら台紙代わりにして写真を撮っている。日中に時間がたっぷりあるので、自然光と組み合わせて今までよりも「ちょっといい感じ」の写真が撮れて楽しい。

足りなくなってきたから買い足した。甘い食べ物は圧倒的に正義!


座り時間と横になっている時間が多くなったからか、ここ1ヶ月で明らかに背中と腰が痛くて困る。我が家は敷布団なんだけれど、敷布団の上か下に敷くマットレスを買ってしまおうかどうしようか…というのがここ数日の悩み。

どうせなら良いモノを買いたい!という気持ちもありつつ、あと1年もしないうちに家を出るなら「とりあえずのモノ」でもいいよなという気持ちもありつつ…。本当にどうしよう!

30DaySongChallenge: 幸せな気分になる曲

Negicco – ライフ・イズ・キャンディ・トラベル

今日のテーマは「幸せな気分になる曲」。聴いてモチベーション・やる気が上がる曲はあるのだけれど、それだとつまらないので「聴くと耳が幸せな気分になれる曲」をピックアップ。

僕はちょろいにわか音楽オタクなので自分のアンテナにハマった曲を聴くだけで幸せになれるのだけど、その中でも「ッッッ!」度が近年で高かったのがNegiccoの『ライフ・イズ・キャンディ・トラベル』だ。

Negiccoはアイドルでありながらシティポップ・渋谷系の流れを汲んでいるという珍しい存在だと思っている。原曲から滲み出るシティポップへのリスペクトぶりはもちろん好きなのだけれど、個人的にはバンドを引き連れたライブが最もそれらしい。

アイドルのライブで生楽器が使われること自体は最近では珍しくないけど、大抵はロック・パンク系の楽曲が中心のアイドルだったりする。そういう点でシティポップとか渋谷系を想起させる楽曲を生バンドを引き連れて披露するNegiccoはオンリーワンなんじゃないかな。


今回上に掲載したのは2016年に行われた中野サンプラザでのライブ映像。曲はショートバージョンだけど、サックスのソロ・タイトなリズム隊・3人の歌声の合わさった3分間は本当に至極の時間。ずっと聴いてられる…。

実は一昨年、サークルのブログにNegiccoのことを綴っていた。上の曲を聴いてビビッときたら、ぜひこちらも覗いてみて欲しい。

てんび〜の30DaySongChallenge

「Spotifyで配信されている曲」という縛りを設けて、毎日プレイリストに1曲ずつ追加している。

みんなで「30DaySongChallenge」のプレイリストをシェアしあって、まだ聴いたことのない音楽にたくさん触れる機会にしたい。